法政大学 4 - 5 慶應義塾大学
勝:菊地 敗:高田

慶應が法政の終盤の追い上げをかわし負けなしの4連勝。

打線は先制された直後の1回裏に郡司(③仙台育英)、嶋田(②樹徳)のタイムリーで2対2の同点に追いつく。5回には再び郡司の犠飛で勝ち越し、6回に先発の菊地(④慶應志木)のタイムリーなどで2点を加点し2対5とする。

先発・菊地は7回まで2失点の好投だったが8回につかまり交代。代わった髙橋佑(③川越東)が一打逆転のピンチを三振で切り抜けると9回は石井(③慶應志木)が締め逃げ切った。

破れた法政は1回の吉岡(④智辯学園)の先制打や8回に中村浩(④多良木)の2点タイムリーなどで1点差に迫るもあと一本がでなかった。

負けなしで4連勝の慶應は次節、立教と首位攻防戦に臨む。法政は終盤に見せた粘りを活かし次節こそ初勝利を目指す。