◆平成30年度東京六大学野球春季リーグ戦◆
4月23日 対法大3回戦 明治神宮野球場

「背番号18」の意地を見せつけた。2勝1分で迎えた法大3回戦、先発の田中誠(コ3=大阪桐蔭)が9回7奪三振1失点今季初完投で白星を挙げた。打っては藤野(営3=川越東)の右前適時打や笠井(済3=桐蔭学園)のスクイズでエースを援護。勝ち点を2とし、単独首位に浮上した。

 

最後の打者を二ゴロに打ち取った瞬間、ヒーローは少しだけ安堵の表情を浮かべた。9回二死一塁、中村浩(4年=多良木)に適時打を放たれ、土壇場で1点差にされるも「後を抑えれば勝てるんで」。強気の投球で再び相手を追い込んでいく。ストレート、ファウル、ファウル。最後は113㌔チェンジアップで法大を料理した。

ピンチを背負っても、一人でマウンドに立ち続ける。初回から7回までは危なげない投球を続けてきた。が、8回無死、8番・川口凌(4年=横浜)、主将・向山(4年=法政二)に安打を浴び、一死一、三塁とされる。クリーンナップを後続に控え、一打同点の危機を迎えるも「自分が行くしかない」と腹を括った。笠井のジャンピングキャッチにも助けられ、残る2人を遊直、一直に抑える。マウンドを守り続ける左腕に、球場全体から大きな拍手が送られた。

 

粘りを見せるエースに正妻が応えた。4回一死二塁、相手エース・菅野(4年=小高工)が投じた外角の142㌔直球を思い切り叩く。打球は右翼線ギリギリの先制適時二塁打に。現役トップの通算15勝を誇る最速150㌔右腕から貴重な1点をもぎ取った。さらに7回には、U-18日本代表登板経験もあるルーキー・三浦(1年=福岡大大濠)の140㌔直球を中前に弾き返し出塁。一死後、三塁を陥れ、三浦が笠井に3球目を投じると同時に走り出す。スクイズにて生還し、相棒への追加点という援護に、女房役はどや顔で両手をぽんと叩いた。

4回、藤野は右中間に適時二塁打を放つ

深いところで繋がっている。試合終了後、藤野は「今日のあいつは、エースらしい投球をしてくれたかな」と、英雄をねぎらった。一方の田中誠も「話し合うというよりは、投げていく中で、2人のフィーリングで配球を決めました」と、“おしどり夫婦”ぶりをアピール。「次戦は慶大。(慶大の)試合を見て、最善の準備をしていきます」と口を揃えた。

 

 開幕から無敗のまま勝ち点を収めているタテジマナイン。それでも「目の前の勝負に全力を注ぐだけ」(主将・松崎=文4/横浜)と、慢心はしない。次に立ちふさがるのは昨季優勝校の慶大。未だ負け知らずのタテジマが、「陸の王者」を引きずり下ろす。

 

(4月23日・桒原由佳)


◆コメント◆
3番手で2回途中4奪三振の好投を見せた川端#21

「いつ出るかわからない状況でずっと準備をしていたのですが、抑える気持ちだけでマウンドに上がったので緊張はありませんでした。とにかく腕を振って自分の持ち味である直球を最大限に生かせて抑えられたので良かったです。ピッチャーとして任されたところでチームに危機感を与えてはいけないと思うので、みんなから安心して見られるようにしたいです」

8回、代打で同点の好機を生み出した荒井#29
「今日は負けている場面での代打だったので、とにかく自分が塁に出ることだけに集中して打席に立ちました。自分は打てましたが、チームは勝ち切れていないのであまり満足はできていないです。明日はとにかく勝ちたいと思います」

リーグ戦初本塁打を放った笠井#13
「(打った球は)スライダーです。ベンチからの指示が出ていたので、踏み込んで思い切りよく振るということを意識しました。最初エラーをしてしまって切り替えようと思っていたので、結果が出てくれたので良かったです」

リーグ戦初本塁打を放った吉田#5
「(打った球は)チェンジアップです。点を取られた後だったので、なんとか自分が流れを変えられるようにと思っていました。良い打撃をしたいという気持ちで打席に入ったので、結果につながって良かったです。明日も今日のような活躍ができるように頑張ります」

3試合連続本塁打を放った主砲・三井#3
「チームに点が入ったら何でもいいと思っているので、本塁打という一番良い形が出たのは良かったのですが、結果はおまけという感じです。いつもなら凡退するところで打てたという点では、8回の二塁打は成長を感じた瞬間でした。明日の目標は打点を上げることと勝つことです」

8回に同点打を放った寺山#8
「気合で打ちました。直球だったのですがあまり良い当たりではなかったので、良いところに飛んでくれて良かったです。明日は自分が活躍して勝つ試合がいいですね」