第2カードの明治大学戦、相手にとって開幕戦となるこの試合、初回に辻居(3年/栄光学園)の先頭打者本塁打で幸先よく先制に成功したが、明大OB・故星野仙一氏の追悼試合に負けられない明治にすぐさま同点に追いつかれる。

更に1点を勝ち越されて迎えた3回には、辻居が二打席連続長打となる二塁打で出塁すると、2死から三鍋(4年/川和)がしぶとく適時打を放ち同点に追いつく。しかしその裏、2本の内野安打と2つの死球で勝ち越しを許すと、なおも満塁で下位打線に長打を浴び一挙5得点を挙げられる。

5回にも2点を失うと、打線は6回以降走者を出せず2-9で大敗を喫した。