今年も東京六大学に、全国から腕のある選手たちが進学を決めた。BIG6.TVでは、これからの大学4年間に心を踊らせる新入生たちに、スポットを当てる。

第4回明治大学は、愛知・中京大中京で1年時からベンチ入りし、先発、中継ぎと場所を選ばない投球が光る磯村峻平と、群馬・前橋育英でリードオフマンとして3季連続甲子園出場、時にはマウンドにも立つ二刀流の丸山和郁だ。甲子園での活躍が評価され、高校日本代表にも選ばれた2人が神宮に活躍の舞台を移す。

 

 

ー六大学野球ファンにみなさんに自己紹介をお願いします。

磯村)中京大中京高校出身の磯村峻平です。いじられキャラの自覚はありませんが、いじりやすいタイプみたいです。いつのまにか標的にされてます(笑)。明治は常に良い成績を残していて、投手育成に定評があるので、ここで野球がしたいと感じました。

丸山)前橋育英高校出身の丸山和郁です。性格は、かなりの負けず嫌いです。進学を決めた理由は、六大学や神宮大会で優勝していて、人間力を大事にしていると聞いたので、ここで成長したいと思い、入部しました。先輩がいることも進学の決め手となりました。

磯村)丸山くんとはU-18で一緒に野球したんですけど、とてもいい選手だなと見てて思います。

足が速いんです。(笑)

丸山)そんなに足速いと分かる場面まだないと思いますよ(笑)。磯村は代表でセンターから投球を見ていて、球の出所が見にくく、まっすぐのキレが良いので相手にはしたくない投手だなと思っていました。

 

磯村 峻平

ー練習に参加してみて感じることはありますか?

丸山)一気に高校からレベルが変わって、スピード感があります。今のままでは、通用しないと思うのでしっかり身体を作りたいです。

磯村)高校時代は、1軍が練習、2軍が手伝いでしたが、大学ではAチーム、Bチームに分かれて全員が効率よく練習を行なっています。

丸山)大学では、投手も外野手も挑戦したいです。中継ぎの方が投げやすいので、試合では、野手としてスタメンで、途中からマウンドに立つのが理想です。でも、逢澤さん(4年=関西)がおられるのでレギュラーは遠いです。

磯村)まだまだ慣れて行く段階なんで自分にやれることをやっていきます。

丸山)まだ慣れてないので気疲れの方が強いですね。1日終わったら、『ふぅー。終わったー。』ってなりますよ。

磯村)先輩はみんな優しいです。キャプテンの吉田さん(4年=履正社)はみんなを見てくれてます。

丸山)吉田さんめっちゃ優しいです!

 

ー意識している選手はいますか?

丸山)中央大学の皆川(1年=前橋育英)と対戦したいです。高校の同期で急成長してエースになって、敵わなかった相手なので、大学で成長して追い抜きたいです。バッターとして打ちたいです。

磯村)僕は法政大学の佐藤さん(2年=中京大中京)です。高校時代からとてもお世話になって後ろを守ってくれていたので、大学では感謝も込めて対戦してみたいです。

丸山)あとは自分自身がライバルです。それと逢澤さんを尊敬しています。逢澤さんは高校時代、ピッチャーもされてて、足も速くて肩が良くてバッティングも良くて。同じ二刀流として、尊敬します。

磯村)ライバルという考えはしたことないです。他人と比べるよりは、自分でやることをしっかりやろうと思います。

丸山 和郁

ー東京に住んでみてどうですか?

丸山)新入生14人で浅草に行きました。明治はこの時期、風邪予防でマスク着用なんですけど、全員マスクつけて行きました(笑)。

磯村)身体が大きい野球部がみんなマスクをつけて、集団で歩いてるんですよ。怖いですよね(笑)。

丸山)浅草行って、スカイツリー行って、定番の観光です。

磯村)みんなで相談して決めました。ディズニーも候補にあったんですが、この人数で行くと疲れるからってことでやめました。(笑)

 

ーこれから始まる大学生活で、どんな選手になりたいですか?

丸山)僕は、プロに行きたいと思っていたんですけど、甲子園や日本代表を経験して、周りとの実力の差を感じました。六大学野球でも周りを圧倒できるような選手になることが、プロに近づくことだと思うので、そんな選手になりたいです。

磯村)僕は、ピッチャーとして任された場面でしっかり抑えられるようになりたいです。ここを抑えてくれというところで、マウンドに行って自分の仕事をできる投手になりたいです。

丸山)今年1年は、どんな小さなことでもチームに貢献できるようになりたいです。

磯村)一年生でも、先輩たちと一緒に優勝を目指して行く上で、プラスになるひとつのピースになりたいと思います。



 

◇磯村 峻平(いそむら しゅんぺい)中京大中京

1999年9月4日生まれ。左投左打。愛知県出身。

1年時からベンチ入りを果たし、高い奪三振率を武器にU-18高校日本代表にも選出された。切れ味抜群のスライダー、フォークを武器に先発から中継ぎまでこなせる万能型左腕。

 

◇丸山 和郁(まるやま かずや)前橋育英 

1999年7月18日生まれ。左投左打。群馬県出身。

投打二刀流として通算3度の甲子園出場を経験。50m6秒を切る俊足で高校3年時の夏の甲子園では1大会個人最多タイの8盗塁、140km超の直球を武器に関東大会では15イニング14奪三振を記録した。