プリンスホテルは、NTTドコモと協働し、体感型VRアトラクションシステムを活用したプロモーションに関する実証実験を1月18日(木)~25日(木)まで苗場スキー場で実施する。

体感型VRアトラクションシステムは、JPWInternationalが開発したモーションベースと、360度の実写映像を連動させた日本国内初導入の新しいVRシステムで、実写のVR映像と足元の機器が連動して動作する。企画開発は、NTTドコモが行っている。

苗場スキー場に試行導入する体感型VRアトラクションシステムには、苗場スキー場のゲレンデを滑降するスキーヤー目線の実写VR映像を施行導入。苗場スキー場のゲレンデ滑降を疑似体験できるように、カスタマイズしている。

スキーヤー目線で苗場スキー場のゲレンデ滑降を疑似体験できるため、雪の降らない国からの訪日外国人旅行者やスキー初心者も気軽にスキーの魅力に触れることができる。スキー経験者は、事前シミュレーションに活用できる。

実証実験では、各種リゾート施設への集客拡大、グループ施設間の相互送客、ゲレンデ荒天時の満足度向上など、プロモーションの観点で有用性を検証する。設置場所は、苗場プリンスホテル6号館 苗場スキースクール受付前。体験無料。アンケート調査あり。