勝ち点奪取を目指した法大。先発菅野は2回に1発を浴びて先制されるも、すぐに相手の暴投で同点に追いつく。だが、失策を皮切りに2点の勝ち越しを許す。その後も守備のミスもあり、大量失点をしてしまう。打線も立大の2投手に4安打2得点に封じ込まれ大敗を喫した。勝ち点の行方が決まる4回戦は早慶戦の後に行われる。

 

 法大の先発は中1日で菅野秀哉(キャ3)。1番松崎健造をフルカウントの末、空三振に取ると続く2番種田真大も空三振。3番大東孝輔には10球以上粘られて四球を許すも、4番山根佑太を遊ゴロに打ち取り、初回を終えた。立大の先発はリーグ戦初先発の比屋根雅也。このルーキー左腕の立ち上がりを捉えたかったが、三者凡退に抑えられてしまう。

 すると、2回の先頭5番藤野隼大に右越えソロを浴び先制を許す。だか、菅野は後続を3人で抑えるとその裏先頭の4番中山翔太(人3)、5番森龍馬(キャ4)が連続四球で出塁。6番相馬優人(営2)がきっちり犠打を決めて1死二、三塁の好機をつくる。打席に7番福田光輝(人2)を迎えると7球目で暴投で労せずして同点に追いついた。

 だが、後続が続かず同点止まりに終わると3回も三者凡退に抑えられた。そして迎えた4回。先頭の大東に右前安打を許すと1死から藤野の三ゴロを福田が悪送球。1死二、三塁のピンチを背負ってしまう。菅野はこのピンチに踏ん張れずに6番飯迫恵士に中前に運ばれ勝ち越し点を献上してしまった。その裏、二死から森と相馬の連打で好機を作るも二死満塁から菅野が空三振に倒れ同点に追いつかない。そして、5回。1死から松崎にストレートの四球を与えると続く種田にリーグ戦1号となる右越え2ランを浴びてしまう。だがその裏に小林が今季1号になる右越えソロで3点差まで迫った。  6回から鈴木昭汰(キャ1)が登板するも先頭の藤野のゴロを遊撃手、相馬が悪送球。またミスから出塁を許すと1死一、二塁から8番林田景太にこれもリーグ戦初アーチとなる右越え3ランを打たれて6点差になってしまった。  その後、高氏祥太(文2)、柏野和也(営1)が無失点に抑えるも打線は立大2番手手塚周の前に安打は中山の左前安打のみ。わずか4安打2得点と沈黙し、後がない立大に逆王手を許した。4回戦は早慶戦終了後に行われることになった。

 攻守に全くいいところなく終わった法大。試合後、青木久典監督は「応援してくれる人に申し訳ない」と声を絞った。だが、次戦までの準備期間できっと修正してきてくれるだろう。「しっかり活躍して4年生を見届けてたい」と小林が語ったようにこの1年間チームを引っ張ってきた最上級生を勝利で引退を飾らせてあげたい気持ちは下級生全員の総意に違いない。さらに2季連続のAクラスに向けても絶対に負けられない試合だ。だが、立大にも昨季王者の意地があり、互いに誇りをかけた一戦になるだろう。この一戦に今年の集大成をみせることが出来るが出来るのか。法政らしい圧倒的な野球を見せつけ、笑顔で今年を締めくくってほしい。(渡辺拓海)

 

クローズアップ

大西千洋 (帰ってきた法政のスピードスター  "エリア1"は誰にも譲らない)

 ついにこの男が戻って来た。その名は大西千洋(営3)。六大学通算49安打を誇る法大のトップバッターが神宮のグラウンドに帰って来た。

 それは順風満帆な大学野球生活に突然訪れた悲劇だった。昨季の慶大3回戦での打席。相手投手の投球が頭部へ。グラウンドに倒れこみそのまま病院へ。2ヶ月の療養を余儀なくされることとなり、もちろん野球のできない日々が続いた。しかし時は無情にも過ぎ、秋のリーグ戦は開幕。開幕戦は大西千も出場どころかベンチ入りはできなかった。続く慶大戦。因縁の相手との勝負でベンチ入りを果たした。チームメイトもそれに鼓舞されたように気迫で勝利をもぎ取った。支えてくれたチームメイトや家族には感謝しかないと語る大西千。それでも神宮でプレーすることは叶わなかった。そして迎えた今日の立大3回戦。9回にその名がコールされ、中堅の守備についた。この場所こそ彼にふさわしい。この場所、法大のセンターは彼のものだ。1年時にレギュラーをつかみ、大学日本代表にまで選出された。目標は100安打を放つこと。そしてその先にはさらなる大きな舞台で飛躍する未来が待っていたはずだ。だが、結果的に大きく足踏みとなってしまったかもしれない。それでも大西千はレギュラーを奪い返し、活躍することを目標とする。厳しい道のりかもしれない。それでも我々は神宮で「1番・中堅」の彼が打って、守って、走って躍動する姿を待ち望んでいる。今年も果たせなかった優勝へ。足りないピースはもうない。なぜなら法大には大西千洋がいるからだ。(石川大悟)