東京大学 4-5 明治大学
勝:髙橋 敗:宮台

 

息詰まる接戦を明治が制し、逆転優勝に一歩前進した。

1点を先制され迎えた3回裏、1死3塁のチャンスを作ると、2番・河野(鳴門)の内野ゴロの間に本塁に生還し同点。5回に3点を失い再度リードされるも、直後に渡辺佳(横浜)と逢澤(関西)のタイムリー、越智(丹原)の犠牲フライですぐさま同点に追いつく粘りを見せる。そして8回に竹村(浦和学院)のタイムリーで勝負を決めた。

投げては先発・齋藤(桐蔭学園)の後を受けた高橋(向上)が8回に満塁のピンチを抑え、最後は石毛(健大高崎)が締めた。

敗れた東大は、山下(東海)、楠田(桐朋)、田口(西大和学園)がタイムリーを放つなど打線は好調を維持するも、先発の宮台(湘南)が味方のリードを守ることができなかった。

明日も勝利し、慶應にプレッシャーをかけたい明治。一方の東大は2カード連続の勝ち点獲得を目指し、巻き返しを狙う。