『僕の野球人生』第2回
熊田 晋悟 捕手 (4年・岐阜高校)

 

4年生特集、≪僕の野球人生≫では、ラストシーズンを迎えた4年生全員に1人ずつ、今までの野球人生を振り返ってもらいます。

第2回となる今回は熊田捕手です!

--------------------------------------------

正直なところ、自分が何をきっかけに野球に興味をもったのかはもう覚えていません。

小学校に入るくらいの頃には家族とキャッチボールをしたり、テレビでよくプロ野球を観たりしていました。ナゴヤドームに観に行くのが大好きで、初めて観た試合で中日の中村武志選手が打ったホームランは今でも脳裏に焼き付いています。

小学2年生頃に地元の少年野球チームに入りました。

負けることも多かったですが、郡大会では何度か勝ち進み、3度目の決勝戦で打ったホームランの感触は忘れられません。

中学では地元の中学の野球部に入りました。

部活がない時にも日が暮れるまで仲間たちと草野球に明け暮れるくらい野球に夢中な時期でした。試合にもよく勝っていたので、中学での野球が一番楽しかったです。

高校では岐阜高校の硬式野球部に入りました。

高校野球は苦い思い出ばかりです。2年生の秋にサヨナラ勝ちでベスト16に進んだ時も、ずっとブルペンにいた自分は素直に喜べませんでした。チームが勝っても自分が出られなくちゃ面白くない、なにより自分のことを応援してくれていた家族やかつてのチームメイトたちに申し訳ないと思って、最後の大会は絶対にレギュラーになるつもりで練習しました。

しかし、最後の大会で頂けた背番号は 12 でした。不甲斐ない気持ち、申し訳ない気持ちで胸がいっぱいでした。結局夏の大会は代打の一打席に終わり、やりきれない気持ちのまま引退しました。

高校ですら活躍できなかった僕は大学で野球をやらないつもりでした。

しかし、高校の先輩や同期が六大学や国立七大学の野球部で必死に野球に打ち込んでいる姿がとても格好良く思え、高校時代に残した野球への未練もあったので、自分に挑戦するつもりで野球部への入部を決めました。

ただやはり簡単に結果を出せるほど大学野球は甘くなく、結局これまでリーグ戦に出場する機会は得られませんでした。

もちろん悔しい気持ちはあります。しかし、バッティングピッチャーやブルペンキャッチャーなどの裏方としての役割を与えられる中で、自分なりのチームへの貢献の仕方を考えるようになりました。

“なんとかこの一球で上手くなってほしい”

そんな思いでボールを投げ続けたり捕り続けたりしているうちに、試合でのみんなの活躍を素直に喜べるようになり、“チームが勝てば自分も嬉しい” といったチームスポーツにとっては当たり前と言えるほどの醍醐味を、自分は大学まで野球を続けてやっと気づきました。野球を続けて良かったです。

引退を間近に控えた今、僕の野球人生は様々な方々の想いの上に成り立っていたことを実感しています。

特にお父さんとお母さん。野球を始めてからずっと、僕の一番近くで惜しみない応援をしてくれたこと、どうもありがとう。

残すもあと3カードですが、4年間ともに頑張ってきた仲間と勝ち点を掴みたい気持ちでいっぱいです。

みんな、頑張ろう。

--------------------------------------------

次回は森田捕手を予定しております。

お楽しみに!