溝口監督
「今週はよく2連勝できたな、という感じです。昨日、今日で3つずつの失策が出ているので、攻撃は良いのですが、ディフェンスがすごく悪いので、運が良かったなと思います。打撃陣は良いですね。常に相手にプレッシャーをかけるような打撃ができているので、流れを向こうに渡すことなくできているなとは思いますが、打線はいつ打てなくなるか分からないので、そういった意味でこれからもディフェンスをしっかりやって行かなければならないのかな、と思います。優勝を狙える挑戦権が手の中にまだあるのですが、優勝というよりは、目の前の来週の明大戦で勝ち点を取れるか、その部分に集中してやっていこうと思います。」


主将・熊谷#10
「ミスもありましたが、でもその中で勝ち切れたのはすごい良かったと思います。誰かのミスをみんなでカバーしているという、今は良いチーム状況なのでこれからも続けて行きたいと思っています。明大は今まで大事な場面で負けてきてたので、春は勝てましたけど、今季は目の色変えてくると思うのでそういうところでやっぱり勝ちきりたいですし、また自分らも本気で倒しにいきたいと思っています。」

6回途中1失点で今季2勝目の手塚#19
「緊張があったのか結構堅かったのでエラーで出たランナーを自分がカバーできるようにと思って投げました。今日は球速以上に調子がよかったので、良い調子でいけたと思います。第1戦を勝ってもらったというのは久々だったので(田中)誠也(コ2=大阪桐蔭)に感謝しつつのびのびやれました。最後まで粘り強くというかリードしていてもビハインドでもいい野球ができていると思うので(来週も)変わらず頑張りたいと思います。明大は良いバッターが並んでいるので気を引き締め直して1週間良い時間を過ごしたいと思います。」

好守備に貴重なタイムリーなど大活躍の大東#13
「昨日いいイメージで打てたので、そのイメージで臨みました。(タイムリーを放った打席は)前の打席が三振だったので、上から強く打とうと思って、次に繋ごうという意識で打ちました。接戦で、2アウトからの攻撃はオープン戦から取り組んできて、イメージ通り打席に入れて良かったです。(守備の好プレーに関して)昨日は力んで自分のプレーができていなかったので、力を抜いて取るということをしました。(来週の)明大に勝たないと優勝はないと思うので、明大から勝ち点を取れるように練習していきます。」