青木久典 監督

ー今日の試合を振り返って

まずは1勝できたということは良かったと思います。

ー先週の連敗からどのように立て直しましたか

まずはピッチャー陣をしっかり立て直しました。それと同時に特に4番の中山の状態が悪くはないですけど、気持ちが入りすぎていい結果が出ていなかったので、そこの修正をしました。

ー試合前にチームに話したことは

まずはゲームへの入りを100%でいけるように気持ちも体も持っていけという話をしました。

ー今日は舩曳選手を1番に起用しました

今日に関しては打ってないと思うんですけど、非常にいい形で結果を残していましたし、バッティングの状態が僕から見ても非常に良かったので、出塁率も上げたいですし足が使えますから1番で打たせてみようと思いました。

ー菅野選手が完封勝利を収めました

立ち上がりがあまり良くなかったんですけど、尻上がりに彼本来のボールが投げられるようになってきました。途中打球が当たるアクシデントがあったんですけど点も取られてませんでしたから行けということで。彼も「行きます」ということだったのでそういう気持ちも入って完封ができたというのはいい自信になるのではないかと思います。

ー先週は不調だった中山選手が3ランを放つなど3安打を記録しました

今日に関しては何も言うことはないなと。しっかりと4番の働きをしてくれたと思います。やっと打席で余裕が出てきたのかなと思います。

ー福田選手も4安打の活躍を見せました

彼は本当に気持ちの強い選手なのでね。彼も中山同様明治戦はちょっと力んでいましたから、やっとこれから彼本来のバッティングをしてエンジン全開になってくれるんじゃないかなと。よく打ってくれたと思います。

ー最終回にはけがで離脱していた森主将が二塁打を放ちました

すごいですね、あの状況下でよく打ったと思います。点差も離れていたので「打席に立ちたいか」と聞いたら立ちたいということだったので、立たせました。ツーストライクに追い込まれてからよく打てたなあと、頭が下がるというかさすがだなと。早く万全な状態で戻ってきてもらいたいですね。

ー明日へ向けての意気込みを

まずは1勝したのでそれはそれでいい意味で忘れて、明日取らなきゃ意味ないので明日絶対取ってやるぞと選手には檄を入れました。私自身もそのつもりでいますので、また応援よろしくお願いします。

けがから復帰し意地の二塁打を打った森

森龍馬 主将 (代打で登場 復帰戦で二塁打を放つ)

ー今日の試合を振り返って

うちのペースで、良い攻め方ができたのかなと思います。

ー前カードの明大戦を振り返って

一言で言うと本当に悔しかったです。

ー敗因は何だと思いますか

失点が多かったことと、投打がかみ合わなかったことですね。

ーご自身は出場できませんでしたが

主将としての責任はあるので、チームが常に前を向けるように声がけをしていました。

ー今節への気持ちの切り替えはどのようにされましたか

簡単に切り替えるのではなくて、しっかり反省をして慶大戦に向けての練習をできたからこそ今日の試合があると思います。

ーチーム全体に声をかけたことは

一戦も負けられないので、一試合一試合死ぬ気になって戦っていこうと。本当に簡単なことしか言ってないですけど、勝ててよかったです。

ー今日復帰されましたが

点差も点差だったのですが、自分にプレッシャーをかけて、2死二、三塁くらいの気持ちで打席に立ちました。

ー安打となりましたが

まだまだ始まったばかりなので、これから頑張らなくてはという感じです。

ー状態はどうですか

まあ順調にきています。

ー明日への意気込みを

とにかく2日間で終わらせられるように頑張ります。

 

東大以外で初の完封勝利をおさめた菅野

菅野秀哉 投手 (9回7奪三振の完封勝利)

ー今日の試合を振り返って一言お願いします

法政らしい試合がやっとできたと思います。

ー法政らしい野球とは具体的になんですか

しっかりピッチャーが抑えて、バッター陣がしっかり打ってくれるので、しっかり点を取って勝てたのはよかったかなと思います。

ー東大以外では初の完封勝利となりました

他の大学でも完封はしたいと思っていたので、できたのは本当にうれしかったです。

ー今日は岩見選手から併殺打をとったあたりから持ち直した印象です

あの場面で抑えられたのは自分的にすごく楽になったので、本当に野手に助けられたかなと思います。

ー明大戦では開幕投手でした

開幕投手で少しふがいない結果になってしまったので、この慶応戦はしっかり自分が抑えて勝てればいいなと思っていました。

ー11安打とふるわなかったですが、改善したことはありますか

フォームが良くなかったのでフォームを見つめなおして自分のボールがいくようになったので、そこは良かったと思います。

ー慶応打線の印象はどうですか

慶応はよく打ってくるので注意して投げました。

ー岩見選手は強打者ですが、どのような対策をしましたか

色々研究してその研究通りに投げられたのでよかったかなと思います。

ー明日チームに期待することは何ですか

今日のようなゲームができれば多分勝てると思うので、ピッチャー陣で抑えて勝ってくれればいいなと思います。

ー次戦に向けて一言お願いします

次も完封して勝てるように頑張りたいと思います。

 

春以来のスタメン復帰で適時打を放ち笑顔を見せる小林

小林満平 内野手 (今季初先発で適時打を放つ活躍)

ー今日の試合を振り返って

投打の噛み合ったすごくいいゲームだったと思います。

ー5回に適時打を打ちました

調子もよくなくてあまり期待されていないと思うので気楽に打席に立ちました。

ー今季初先発でしたがどういう意識で試合に臨みましたか

ずっと準備はしていましたし、今週1週間自分が出るという強い気持ちで準備してきたので、少し緊張はしましたけどうまく試合に入れました。

ー昨季は先発から外れるなど悔しい思いをされたと思います

ずっとうまくいくこともなかなか無いと思うので、自分なりにうまく切り替えてこの夏はチャンスが来たら絶対に掴むという気持ちで練習してきました。

ー二塁手争いが激しくなってくると思いますがどのようにアピールしていきたいですか

自分は打撃と走塁を求められていると思うので、そこでしっかりアピールしていけたらいいなと思いますし、打てなくても何か1日1ついいプレーをするだったり、1ついい犠打をするだったり、欲張らずにコツコツとやっていきたいなと思います。

ー明日の試合に向けて意気込みをお願いします

明日勝たないと意味が無いのでチーム一丸となって全員で準備して臨みたいと思います。

 

チームを勢いづける3ランを打った中山

中山翔太 内野手 (3ランを含む猛打賞の活躍)

 ー今日の試合を振り返って

初回からチャンスが回ってきて、先制点を取ったら流れが来るかなと思ったので、絶対返すぞという気持ちで打ちました。

ー手ごたえはどうでしたか

完璧でした。

ーホームランは昨季の慶大3回戦以来です

ホームランを求められていると思うので、毎試合打てるようにしたいです。

ー今季の調子はどうですか

春季リーグ戦以降もずっと調子はいいですね。

ー3人の投手と対決しましたが

対策はビデオ見て、イメージしながらバッティング練習をしていました。

ー明日に向けて

明日もしっかり気を引き締めて勝ちたいと思います。

 

今日出塁率10割の福田

福田光輝 内野手 (適時打を放つなどリーグ戦初の4安打の活躍)

ー今日の試合を振り返って

明治戦であんまり打てていなかったので、とりあえず打てて良かったです。

ー連敗後、個人として調整したことはなんですか

明治戦に負けてから監督さんに打撃投手をやってもらって、色んなアドバイスを頂きました。結果で返していこうと思っていたので良かったです。

ー具体的にアドバイスというのは

明治戦は力が入っていたので、とりあえず抜いていけということを言われて思い切っていけました。

ーどれくらいの時間ですか

1時間くらいやってもらって、それが繋がったのか分からないですけど今日打てて良かったです。

ー打席の中で変えたことはなんですか

今日もヒットは出たんですけど、まだ自分的にしっくりくる打席がなかったので、その中でしっかり見つめ直しながら明日に繋げていたらいいかなと思います。

ー4安打ですが、反省点の方が多いということですか

打てたことに対しては良かったですし、得点にも絡めたので良かったんですけど、まだまだライナー性の良い当たりだったりが打てると思うので少し修正して明日に臨んで行きたいと思います。

ー寮取材の時から守備への意識が高いようです

2年生も多く出ているので、その中で自分が引っ張っていこうと思ってます。

ー明日に向けて

とりあえずチームが勝つことが優先なので、そこに絡んでいけたら勝ちにつながってくると思いますし、今日は勝ったんですけど明日勝たないと意味がないので頑張りたいと思います。

 

フォトギャラリー

1回に盗塁を決めた舩曳
6回に2打点を挙げた向山
菅野を好リードした鎌倉