主将熊谷#10
「今日は完璧に負け試合でしたけど、それを勝ちきったと言うのはすごい良かったのかなと思います。8回に先頭がエラーでも出たというのがすごい大きくて、今まで自分らが全力疾走を心がけてやってたのがああいう場面ですごい出たんじゃないかなと思いますし、今まで打てなかった大東がああいう場面で打ってくれるっていうので、あそこが一番ターニングポイントだったんじゃないかなと思います。大東には「振ると決めたら振れ」と言ったら、それですぐ打てたのですごいなと思いながらネクストでみていました。(ー最後もひやひやする展開になりましたが)春でもうなれました。でもやっぱりまだちょっとドキドキしながら守ってるんですけど、ああいう所で投げきる中川すごいなと思います。(ー明日は大竹投手の先発が予想されます)今日みたいに左ピッチャーですし、狙ったボールを一球で仕留めなきゃいけないなと言うのはみんな分かってると思うので、これから帰って時間があるんですけどそういう所で練習していきたいなと思います。明日も厳しい試合続くと思いますけど、今日みたいに全員で勝ちきるというのを心がけながら、目の前の一球に全員で集中して頑張っていきたいなと思います。」 

先発で好投した田中誠#11
「今日は調子がよかったと思います。特にストレートが自分の中で結構良く、コントロールも構えたところにしっかりいったのでその当たりがよかったかなと思います。ですが、初回の失点の仕方が自分の一番よくない失点パターンだと思うので、しっかりそこを修正できるようにやっていきたいと思います。(─1回戦目で早稲田のエース小島投手に勝つことができての感想は)マウンドを先に降りましたし、勝ち投手にもなってないですし、やっぱり投げ勝ててはいないと思うのでそこはちょっと悔しいです。チーム自体勝てたことは嬉しいですけど、小島さんと投げ合うことができるかわかりませんが、次は投げ勝てるようにしたいです。」 

マルチ安打を放った飯迫#7
「1週空いて久しぶりの試合で、相手も強いのでいつも以上に気合いを入れて臨みました。2回は先頭打者でやっぱり1点取られていたので、流れをこっちにやらないといけないと思いました。やっと打ててほっとしましたし、今シーズンで一番いい攻撃で、いちばんいい点の取り方ができたと思います。8回は峯本が出た瞬間に、自分がチャンスで回ってくると思って、ランナーを返すのが自分の仕事だと思いました。前進守備でヒットゾーンが広くなるので、気持ちは楽に入れました。(ー内野安打については)全然狙ってなくて、たまたまでした。ラッキーなところにあそこで出たというのは調子がいい証拠だと思います。こういうヒットが増えたらありがたいです。タイムリーヒットになったのは素直にうれしかったです。」 

試合を決める適時3塁打を放った大東#13
「2つエラーをして投手に迷惑をかけていたので、何とかチームに貢献しようという気持ちで打ちました。今はやっと打てたなという感じです。その前の笠松が一、二塁でチームのために、打ちたい気持ちがある中でバントしてくれたので、チームが一体となって戦う野球ができたと思います。そこでつないでもらったので次の自分もつなごうという気持ちで打席には入りました。(-小島投手対策は)春も自分が2年の時も対戦をしていて何となくイメージはついていたので、上からたたくというイメージ通りで、スピンのあるボールを低めに目をつけて上からたたくという意識でした。その上からたたくという意識が良かったのかなと思います。ラストイヤーなので意地を見せるというか、悔いだけは残さないように思い切っていこうという意識でやっています。」 

勝利投手となった中川#15
「九回満塁の場面で藤野さんに「お前はこういう場面に強いから、気持ち入れていけ」と言われ、誠也さんからは「勝利投手をやるから頑張れ」と声掛けされました。早稲田もこつこつ当ててくるタイプで、春から嫌な打線だったのですが、秋になるとそこが春よりも粘っこくなったという印象があります。明日も今日みたいな緊迫した試合になると思うので、自分にも出番があったら、今日の失敗を生かして、チーム全員で勝ちたいなと思います。」