早稲田大学 2-4 立教大学
勝:中川 敗:小島

終盤に勝負をかけた立教が逆転勝ち。エース左腕対決を制した。

8回、1点を追う立教は相手のエラーと四球で無死一二塁のチャンスを得ると、4番・笠松(大阪桐蔭)の送りバントでチャンスを拡大。続く飯迫(神戸国際大付)の適時内野安打で同点とすると、開幕から無安打の大東(長良)に中越2点適時打が飛び出し、4対2と勝ち越しに成功する。

投げては先発・田中誠(大阪桐蔭)が7回10奪三振、2失点の好投。8回からは中川(桐光学園)がマウンドに上がり、早稲田の反撃を振り切った。

早稲田は好投を続けていた先発・小島(浦和学院)が8回につかまり、一挙3失点。2点を追う9回には無死満塁のチャンスを作り、内野ゴロの間に1点を返すも、あと一歩及ばなかった。