先週の東大戦で勝ち点を奪い、勢いをつけて臨んだ早大1回戦。立大は7回に勝ち越しを許すも、8回に飯迫(社3=神戸国際大附)の適時内野安打、大東(社4=長良)の2点適時三塁打で一挙3点を獲得し、逆転。そのまま最終回を中川(コ1=桐光学園)が抑え、試合終了。終盤の逆転劇で接戦をものにした。

 

打者を抑え吠える田中誠

 先発の田中誠(コ2=大阪桐蔭)はピンチを背負うも力投を見せた。初回1死一塁から、甘く入った直球を左中間に運ばれ先制を許してしまう。しかし、ミスをひきずらないのが立大のエースだ。「切り替えて次につなげる」。5回に2死満塁と再びピンチを招くも、後続のクリーンアップを三振に打ち取る。その後もキレのある直球を武器に打者を次々と抑え、7回10奪三振と好投した。

 

同点タイムリーを含む今日2安打を放った飯迫

 エースの姿に打者も奮起する。「流れを立大に向けないと」。2回、先頭打者飯迫のバットが白球を捉える。春も苦戦した好投手小島(3年=浦和学院)相手に、この日チーム初のヒット。その後、主将熊谷(コ4=仙台育英)も右安打で続き、藤野(営2=川越東)の犠飛同点に。「今シーズンで一番良い点の取り方が出来た」。序盤で同点に追いつき、傾きかけた流れを戻す。 
 しかし、立大は7回に再び危機を迎える。先頭の檜村(2年=木更津総合)を安打で出すと、大東・藤野の失策がからみ、走者が本塁へ。痛恨のミスで追加点を許し、再び早大にリードを許してしまう。

 

起死回生の逆転三塁打を放った大東

 だが追い込まれても最後まで粘り強く戦うのが今年の立大だ。8回、先頭の峯本(コ3=大阪桐蔭)が相手の失策で出塁、送球が乱れる間に一気に2塁まで進みチャンスメイク。山根(営4=浦和学院)が四球で続くと、4番笠松(コ4=大阪桐蔭)が昨秋の東立1回戦以来、約1年ぶりとなる犠打を決め、1死2,3塁。続く打席には飯迫。その5球目、拾うようにすくい上げた打球は相手投手と三塁手の間にぽとり。「素直に嬉しかった」と語る、ラッキーな内野安打で同点に追いつく。なおも1死1,3塁のチャンスで打席には大東。「失策を2つしていて、何とかチームに貢献しようと打った」。カウント2-1で迎えた4球目、高めの直球を思い切り振りぬくと打球は風に乗り、中央のフェンス直撃。大東にとって今季初安打は、試合を決める貴重な2点適時三塁打に。この回一気に3点を追加し、試合を決めた。

 最初の山場である早大相手に先勝した立大。ミスもあったが全員でカバーしあい、全員で勝ちきったことは自信につながるはずだ。立大らしい粘りの野球で明日も勝利し、4季連続早大から勝ち点を挙げたいところ。春秋連覇にむけ、一戦必勝で戦って欲しい。

(9月23日・桒原由佳)