最後に法大がリーグ戦を制したのは12年の秋。現在のチームにその歓喜を知る選手はいない。3位に終わった春の悔しさを胸に過ごした3か月。リーグ戦開幕を直前に控え、士気を高める彼らの現在の心境を伺った。第8回は柏野智也、高田孝一の2人。法大が誇る「三本柱」の背中を追う彼らに、今季の意気込みを語っていただいた。

 柏野智也 投手

 -昨季を振り返ってどのようなシーズンでしたか

 大学野球のレベルが高くてびっくりして、自分はピンチの場面で出ることが多かったので、その場面で緊張していて抑えれたり打たれたりしたので、良い経験ができたなと思います。

-神宮のマウンドに上がった瞬間どんな緊張がありましたか

 これが六大学野球なのかと思いました。

 -高校野球と大学野球の違いはどのようなものでしたか

 常にフルスイングであったり、ボールを選んで見てきたりっていうバッターが多くて、もう有名な選手ばっかりだったので、その中でできて良かったなと思います。

 -昨季でよくできたと思う点はどんなところでしたか

 ピンチの場面で抑えることができて、最初の早大戦などで抑えられたので良かったです。

 -シーズンが終了してから取り組んできたことはありますか

 投げ方や投球の考え方が、大学に入って変わってきたなと思います。先輩からとかは直接アドバイスを受けたりはしなかったですけど、横で実際に見たりどういう練習をしているのだろうって思って、そこで自分で先輩と一緒の練習を取り組むことはありました。

-お手本にしたい先輩は誰ですか

 トレーニングとかで長谷川(裕也、経4)さんとかが、理にかなっているトレーニングをしていたので、それを真似るようにやっていました。

-ここまで夏合宿やオープン戦を通しての調子はいかがですか

 ケガもありましたけど、今は大分調子も上がってきていて、打たれることもありますがそこでまた踏ん張って抑えることもできているので、良いと思っています。

-開幕までに修正していきたいことはありますか

 何球投げたり長いイニングを投げたりしても、一緒の投げ方で投げられるようなスタミナを付けることを、急に変わることはないので少しずつやっていきたいです。

-リーグ戦で対戦してみたい他大の選手はいますか

 明大の高校の先輩でもありますけど佐野悠太さんだったり、同級生の渡邉(涼太)だったり、そのような打者と対戦したいです。

-リーグ戦ではどんな役割でチームを支えていきたいですか

 自分はピンチの場面で出ることが多くなると思うので、そこで抑えてチームに勢いが出るような投球をしたいと思います。

-これから上級生になるにつれて救援以外にも先発というポジションが見えてくると思いますがそれについてはいかがですか

 先発は常に目指している場所なので、先発になれるように頑張ります。

-コーチからはどんなアドバイスをされていますか

 コーチからはピンチの場面で出ることが多いから、気の抜けたような投球はするなというアドバイスは受けています。

-実際に投げている時に野手の頑張りをどのように見ていますか

 野手はしっかりと丁寧に守ってくれているので、ピッチャーが野手をガッカリさせないような投球をしていきたいです。

-仲の良い選手やよく話をする先輩はいますか

 仲の良いのは、1年生は常にみんな仲が良いですけど、先輩だったら長谷川さんだったり、イジってくれているので、野球以外の面でも仲良くさせてもらっています。

-柏野投手のリラックス方法を教えてください

 長谷川さんと一緒の部屋なんですけど、洋楽を一緒に聴いたり、一緒に録画したものを見たりしてリラックスさせていただいています。

-ご家族とは普段どんなお話をされていますか

 両親は常に応援してくれていて、神宮は地元から遠いですけど「行ける時は行くから」と言われているので、頑張って親に恩返ししたいです。春季の明大戦に応援に来てくれて、「よく頑張っていたね」と言われました。

-今年の夏の甲子園で母校・広陵高校が準優勝を成し遂げましたが、後輩の活躍をどのように見ていましたか

甲子園で準優勝して自分としても刺激をもらいましたし、もっと頑張らなければいけないなと思ったので、後輩にはありがたいと思っています(笑)。来年もし戦うとしたら完璧に抑えたいです。

-最後にチームの目標とご自身の意気込みをお願いします

 チームの目標はリーグ優勝とその先の神宮大会で優勝することで、個人はマウンドに立ったら全て抑えるという気持ちで頑張っていきます。

(取材:岡崎祐平)

柏野智也(かしの・ともや)
経営学部1年 1998年6月11日生まれ
岡山県出身・広陵
176cm75㎏ 右投げ右打ち
昨季はルーキーながら3試合に登板し頭角を現す。テンポも良く度胸のある投球で強打者を打ち取った。オープン戦でも好投を見せており、法大の中継ぎの一角に名を挙げる。

 

高田孝一 投手

-大学に入学してしばらく経ちましたが、法大野球部には慣れましたか

 最初不安はありましたけど、1ヶ月、2ヶ月ぐらいでだんだん慣れて来て、自分のプレーもできるようになってきました。

-高校の時とのレベルの差は感じましたか

 やっぱり大学の方がレベルが高くて、スイングの強さ、速さなどは特に違うと感じました。

-フレッシュリーグでの経験について

 リーグ戦の中で神宮で投げることができて、その雰囲気を感じながら投げることができましたし、他の大学の選手のレベルも知ることができてもっと頑張らないといけないなという気持ちにもなりました。

-フレッシュリーグ、オープン戦を通じて見えた課題は

 自分の持ち味はまっすぐだと思っているので、そのまっすぐをどう活かせば良いかということだと思います。まっすぐの威力だけではなくて変化球や制球力も磨いていかなければいけないと思いました。

-今季で登板の機会があったらどのようなことを意識して投げたいですか

 もし投げるとすれば短いイニングでの登板になると思うので、今は自分の持ち味であるまっすぐをしっかり投げられたら良いと思います。

-同じ高校の先輩で熊谷(拓也,キャ4)投手がいますが、話はしますか

 高校ではちょうど入れ違いだったので話す機会はなかったのですが、大学では、技術面やトレーニングについてなど優しく教えてくださっています。すごく尊敬できる先輩です。

-熊谷投手もまっすぐが持ち味の投手だと思います

 熊谷さんの練習姿勢をみていると学ぶことがたくさんあります。その学んだ先で、MAXの152kmを越すことができたら良いなと思ってます。

-法大の1年生の中でこの投手には負けたくないという人はいますか

 1人というのはないんですけど、高校の時よりも周りのレベルは高いので、追いつけるように頑張りたいです。

-ここまで過ごしてきて仲の良い1年生はいますか

 佐藤(勇基、法1)と落合(竜杜、法1)とは学部学科が一緒なので一緒に話したり、行動したりしてるので仲は良いと思います。

-佐藤勇選手から日本代表の話は聞きますか

 あんまりしませんけど、自分たちの代の日本代表投手陣は特にレベルが高かったので、それについての話は聞きました。

-今練習で意識していることは

 さっきも言ったように、まっすぐを生かすためにどうすれば打ち取ることができるのかということを考えながらやっています。

-今後の目標は

 今はまだ1年生なのでまずはしっかりと土台を作って上級生になった時にしっかりチームの勝利に貢献できるようにしたいです。

(取材:山﨑有馬)

高田 孝一(たかだ・こういち)
法学部1年 1998年6月3日生まれ
神奈川県出身・平塚学園
182cm84kg 右投右打
熊谷と同じ平塚学園出身で、威力のあるストレートが魅力の1年生投手。今後の飛躍が期待される。