【第2週 9/16(土) 】第二試合試合結果
法政大学 4-8 明治大学
勝:齊藤 敗:菅野
本塁打:明治・高瀬1号(7回)

相手エースを打ち崩した明治が先勝。好スタートを切った。

明治は同点で迎えた2回に高瀬(長崎西)、橋本(佼成学園)の連続安打でチャンスをつくり、1番・竹村の適時二塁打で勝ち越しに成功。6回にも2番・添田(作新学院)の適時打で1点を追加し、続く7回には5番・越智(丹原)のバスターエンドラン、スタメン抜擢の高瀬(長崎西)の2ランで8対3とした。

投げては、先発の齊藤(桐蔭学園)が序盤に失点を許すも、尻上がりに調子を上げて7回134球3失点の熱投。開幕戦に引き続き、今季2勝目を挙げた。

敗れた法政は、先発・菅野(小高工)が6回6失点と誤算。打線も4回以降沈黙し、犠飛による1得点にとどまった。