9月9日、東京六大学野球秋季リーグが開幕。春季優勝の立教大は開会式の熊谷敬宥主将(4年・仙台育英)が選手宣誓の冒頭で内容を忘れかけるハプニングはあったが、試合では各選手たちの準備が実り、東京大との1回戦を制した。

 

ハイライト動画はこちら!

 

選手宣誓で内容を忘れかけ、苦笑いする熊谷

「昨日、熊谷さんに“選手宣誓、大丈夫ですか?”って聞いたら、“今夜考える”と言っていて不安に思っていたのですが」と笑う松崎健造外野手(3年・横浜)が緊急出場ながら試合を決めた。
 2回表に4番の笠松悠哉内野手(4年・大阪桐蔭)が右手首に死球を当て、その裏の守備からに松崎が左翼手に入った。その松崎が3回の2死一、二塁のチャンスで「上手く肩の力が抜けました」と東京大・浜崎貴介投手(2年・鶴丸)のストレートをレフト前に運び、これが貴重な先制打となった。
 7月の練習試合では不調から5、6試合続けてスタメンを外れることもあったが、溝口智成監督から直々に「お前の打撃は良いから信頼している。気持ちを上手くコントロールできれば、もっと良い選手になれるぞ」と檄をもらって奮起し、そこから再びレギュラー争いに加わることができたという。

 この後も、相手投手の暴投や藤野隼大捕手(2年・川越東)と山根佑太外野手(4年・浦和学院)の本塁打で着実に追加点を挙げた。また守っても、笠松の負傷で一塁手から三塁手に回った大東孝輔内野手(4年・長良)が三遊間に抜けそうな当たりを好捕するなど、立教大が春季リーグ同様の全員野球で東京大に4対1と快勝した。

先制打が決勝打となった松崎。横浜高時代は主将で選手宣誓の経験もある。

■立教大vs東京大1回戦
立教大 001011010=4
東京大 000000100=1
【立】◯田中(誠)、中川—藤野
【東】●浜崎、宮本、宮台、柴田—三鍋
本塁打:立教大・藤野(6回ソロ)、山根(8回ソロ)

◎立教大・溝口智成監督
「良いところで追加点は取れましたが、残塁が多かったですね。取れるところで点を取らないと苦しくなってしまいます。(寺山が故障中で、笠松が負傷したが)もともと春から1人の力に頼らずに戦っています。今日も松崎がよく打ったし、大東もファインプレーをしてくれました」

◎東京大・宮台康平投手(4年・湘南)※(7回から登板し2回1失点)
「本塁打はストライクを取りに行った球を運ばれてしまいました。自分が後ろを投げて抑えるのが勝ちパターンなので、明日も(先発を含め)言われたところで行くつもりです」

文・写真:高木遊