明治大学 3-0 早稲田大学
勝:齊藤 敗:小島

秋に強い明治が早稲田に勝利。秋連覇へむけて好スタートを切った。

明治は初回、河野(鳴門)、渡辺(横浜)の連続二塁打でチャンスを作ると、4番・逢澤(関西)が2点適時二塁打を放ち先制。3回にも2本の安打で再びチャンスを作り、逢澤の犠飛で3対0とした。

投げては先発・齋藤(桐蔭学園)が尻上がりに調子を上げて、9回6奪三振完封。併殺を4つ奪うなど、野手陣も守備で齋藤を援護した。

対する早稲田はエース・小島が5回途中3失点降板。その後は北濱(金沢桜丘)、2メートル左腕・今西(広陵)、早川(木更津総合)の無失点リレーで味方の反撃を待つも、打線が齋藤を捉えることができなかった。