いよいよ秋競馬がスタート。阪神競馬場ではGIスプリンターズS(10月1日/中山・芝1200m)の前哨戦となるGIIセントウルS(9月10日/芝1200m)が行なわれる。

 GIで連対実績があるのは、3年前のスプリンターズSを制したスノードラゴン(牡9歳/父アドマイヤコジーン)のみと、いささか寂しいメンバー構成となったが、それだけに波乱の可能性は大いにありそうだ。

「9月の阪神競馬はオール野芝で開催。同じように野芝で行なわれた小倉や新潟の延長戦と考えてもいいはずです。一方で、今年の8月は意外と涼しかったため、休み明けの実績馬が暑さ負けすることなく、順調に攻め(調教)をこなしてきています。実績馬が、夏の上がり馬の勢いを抑えることもあり得ますね」

 今年のレース展望について、そう分析するのはデイリー馬三郎の吉田順一記者。続けて、最近の馬場の”特殊性”についても言及する。

「開幕週=高速馬場というのは、昔のこと。近年は、開催前に馬場のクッション性を確保するエアレーション(※1)やシャタリング(※2)作業が実施されるため、開幕直後よりも開催が進んでからのほうが、馬場が硬化し、時計が速くなることが多くなっています」
※1=地面に穴を開けて、空気を送りこむ作業。※2=回転刀で芝の根を切って、土壌をほぐす作業。

 では、高速決着に強いタイプより、多少でも時計がかかったほうがいいタイプが狙えるということか。

「ところが、今開催はエアレーションのみで、そこまで馬場を”緩く”造ってはいないようです。さらに、セントウルSは1分7秒台の高速決着が多く、近4年で逃げ切り勝ちが3度。結局のところ、持ち時計と先行力の有無がポイントとなるでしょう」(吉田記者)

 時計勝負で先行力が重視されるとなれば、前走のGIIIアイビスサマーダッシュ(7月30日/新潟・芝1000m)で2着だったフィドゥーシア(牝5歳/父メダグリアドーロ)には、人気でも逆らえないということだろうか。

「いえ、フィドゥーシアは新潟の直線芝1000mの舞台でオープン特別を勝って、重賞のアイビスSDでも2着となって評価されていますが、究極のピッチ走法や手前の関係から、直線競馬でこそパフォーマンスが上がったという感は否めません。確かに、3走前のオープン特別・春雷S(4月16日/中山・芝1200m)を快勝したように、右回りの芝1200m戦でも結果を残していますが、それは斤量52kgという軽ハンデに恵まれた印象があります。別定戦のGIIメンバーの中に入っては、そう簡単にはいかないでしょう」

 吉田記者はそう言って、穴馬候補としてアルティマブラッド(牝5歳/父シンボリクリスエス)の名前を挙げた。



調教でもいい動きを見せたアルティマブラッド

 母のアルティマトゥーレは、2009年のこのレースを制し、続くスプリンターズSでは1番人気に推されたほど(結果は5着)の実力馬。半弟には皐月賞を勝ったキャプテントゥーレがいる。さらに、曾祖母スキーパラダイスはフランスのGIムーランドロンシャン賞(芝1600m)を制覇。日本に遠征してきた際にはGII京王杯スプリングC(東京・芝1400m)を勝っている名牝で、その血筋は申し分ない。

 その分、吉田記者も自信を持ってオススメする。

「アルティマブラッドは、直線が平坦より坂のあるコースが合うタイプ。シンボリクリスエス産駒で本質的には少し時計がかかる舞台が合う印象がありますが、3走前の春雷S(3着)では52kgという軽量を生かしたとはいえ、1分7秒5の走破時計を計測。状態が整えば、時計勝負にも対応できることを証明しました。

 9月6日の追い切りでは、テンから飛ばして坂路4F(ハロン)51秒4、1F12秒3の時計をマーク。”攻め横綱”ブラックスピネルと併せて先着した点は、高く評価していいでしょう。状態のよさと展開の利を考慮すれば、別定のGIIといえども一発の魅力を感じます」

 3連単の配当が100万円超えとなったGIII北九州記念(8月20日/小倉・芝1200m)において、本誌コラムでも15番人気で3着に入ったラインスピリットを推奨してくれた日刊スポーツの太田尚樹記者も、フィドゥーシアをはじめとした人気馬には疑問を投げかける。

「(今回の)人気馬は、いずれも押し出された形ですよね。ただ、その中でも狙えるのは、ダンスディレクター(牡7歳/父アルデバランII)。(重賞2勝と)実績もありますし、昨年(3番人気7着)よりもメンバーは手薄です。(半年以上の休み明けで)人気を落とすようなら、配当的にもアリでしょう」

 そして、穴なら「ラヴァーズポイント(牝7歳/父マイネルラヴ)が気になります」という。

 昨年のこのレースでも、9番人気ながら3着と激走して波乱を演出した。近走は振るわないが、着順で見るほど大きく負けてはいない。太田記者もその点を強調する。

「昨年のレースでは、前走の北九州記念で大敗(11着)して9番人気に甘んじながら、3番手から正攻法の競馬で挑んで3着に踏ん張りました。そして今年も、前走の北九州記念では10着と振るいませんでしたが、勝ち馬との着差はコンマ4秒差。大負けしたわけではありませんから、昨年同様、巻き返してもおかしくありません。

 また、昨夏のGIII CBC賞(中京・芝1200m)では1分7秒2の好タイムで2着と好走しており、時計勝負になっても対応できます。5歳以上の牝馬が3年連続で馬券に絡んでいる(3着以内)レースですし、7歳馬とはいえ侮れませんよ」

 太田記者と同じく、北九州記念の際にラインスピリットを推してくれたデイリースポーツの大西修平記者は今回、ミッキーラブソング(牡6歳/父キングカメハメハ)とスノードラゴンの2頭を推奨する。

「ミッキーラブソングは、北九州記念では14着と惨敗を喫しましたが、勝ち馬とはコンマ5秒差。前が止まらない展開だったことを思えば、決して悲観する内容ではありませんでした。しかも、前回は久々の1200m戦。2戦連続となる今回は、前走以上に距離への対応力も高まるはずです。約半年ぶりの実戦を使った上積みも見込めます。

 斤量は前走と同じ56kgですが、ハンデ戦から別定戦に変わる今回は、ほとんどが斤量増となる他馬との比較でも有利に映ります。阪神コースも、10戦2勝、2着2回(着外6回)と相性は悪くありません。一変を期待したいです。

 スノードラゴンは、前走のCBC賞(7月2日)を後方から追い込んで勝ち馬とコンマ3秒差の5着。トップハンデの58kgを背負っていたことを思えば、評価できる内容でした。別定戦の今回は、1kg減の57kgで出走できるのは大きいですね。

 昨年のこのレースでは、好位から粘って勝ち馬からコンマ3秒差の5着と力は示しています。9歳ですが、目立った衰えも見られず、中間の気配は昨年以上に感じます。自分のリズムで運べるようなら、復活の可能性は十分にありますよ」

「絶対王者」不在のスプリント戦線。この夏のスプリント戦も波乱の連続だった。舞台を中央に移しても、”大荒れ”の予感がプンプンする。