それは衝撃のカミングアウトだった。

 8月9日、午前6時45分。試合開始前の報道陣による囲み取材で、盛岡大付の強打者・植田拓は前日に眠った時間を尋ねられ、こう答えた。

「楽しみ過ぎて、一睡もしていないんです」

 呆気にとられるメディアを前に、植田はこう続けた。

「練習の後、宿舎に帰ってちょっと仮眠はしたんですけど……。夜はベッドに入って目をつぶって寝ようとしたけど、眠れなくて。1人でテレビを見ていました」



身長165センチながら高校通算60本塁打のスラッガー、盛岡大付の植田拓

 こんなことは初めてなのかと問うと、植田はあっけらかんと「結構あります」と答えてさらに驚かせた。植田が甲子園に出たのは今夏が3度目だが、過去にも2016年夏の創志学園戦(2回戦)と2017年春の高岡商戦(1回戦)の前夜は一睡もできなかったという。「寝不足のときは結構いい結果が出るんです」と植田が照れながら告白するように、創志学園戦では5打数2安打1本塁打1打点、高岡商戦では6打数3安打2打点と打棒が爆発。チームはいずれも2ケタ得点を挙げて勝利している。

 今夏、植田が眠れなかった理由、それは甲子園初戦の相手が前年度覇者である作新学院だったからだ。

「(初戦の相手が)抽選で作新に決まったときは『食うぞ、絶対に食うぞ!』とチーム内で言っていました。強いチームと当たる方が燃えますね。『絶対に勝ちにいく』という思いになれますから」

 強大な敵に対して植田が反骨心をむき出しにするのは、自身の体型に対するコンプレックスと無縁ではないだろう。身長165センチ、体重73キロ。高校3年生の平均身長は約171センチと言われるが、その平均値をかなり下回っている。にもかかわらず、植田は今大会屈指の強打者として注目されている。高校通算本塁打は60本。甲子園でも2年夏から2季連続で本塁打を記録している。

 プロ通算403本塁打を記録した野球解説者の山﨑武司氏(元中日ほか)は、春のセンバツでの植田のスイングを見て、こう賞賛した。

「体は小さいけれど、バットをよく振りこなせる選手ですね。個人的には好きな打ち方です」

 植田が打撃で大切にしていることは「インパクトにスイングの最大のスピードと強さを持っていくこと」だという。そのために、バットのヘッドの力を最大限利用しようと考えている。

「ヘッドを使う考え方は野球を始めた頃からずっと変わっていません。野球好きのおじいちゃんに『逆方向に打てるようになれ』と言われて、その練習をしてきました。ヘッドがしならないと飛ばないですから」

 近年、プロ野球では小柄な強打者の活躍が目立っている。先頭打者本塁打を量産している茂木栄五郎(楽天)は身長171センチ、猛烈なフルスイングが光る吉田正尚(オリックス)は身長173センチ、今季はケガで離脱しているものの高校時代から天才的な打撃センスを発揮する森友哉(西武)は170センチ。いずれも、全身を使うフルスイングが特徴的だ。

 大柄な選手のなかには自分の体をコントロールできず、巨体を持て余しているケースも多くみられる。その点、小柄な選手には「自分の体を使いこなしやすい」というメリットがあるのかもしれない。その点を植田に聞くと、こんな答えが返ってきた。

「正直、もう少し(身長が)欲しい思いはありますけど、この身長でどれだけできるかが自分のポイントなんで。身長が高い選手にはできへんことを自分がやりたいです」

 難敵・作新学院との甲子園初戦。植田は2安打を放ったものの、試合後に「気持ちが前に行ってしまって打ち損じた」と明かしたように内容は決してよくなかった。

 それでも、この日は「足」で見せ場をつくった。5回裏の攻撃で1点を勝ち越し、なおも二死一、二塁の場面。一塁走者だった植田は、4番・比嘉賢伸のセンターへの二塁打で三塁コーチャーの制止を振り切り本塁に突入した。

「1点でも多く欲しい、1点より2点入る方がいいので、『アウトでもいいから突っ込もう!』と思いました。コーチャーも最初は止めてたんですけど、僕が行くのがわかったら『突っ込め!』って叫んでいましたね(笑)」

 このプレーをアグレッシブととるか、スタンドプレーととるかで評価は分かれるだろうが、結果はセーフ。植田の得点を含めて盛岡大付はこの回に3点を勝ち越し、そのリードを大型右腕・平松竜也が守り切った。

 日ごろ、植田の打撃をマンツーマンでチェックしている松崎克哉部長はこう語る。

「本能的というか、野性的というか……。やっぱり動物的ですよね(笑)。高校に入ってくる前から飛ばす力はありました。あれだけ飛ばせれば、むしろあの小柄な体型が有利になるかもしれませんね。ピッチャーは的が小さくて投げづらいでしょうから」

 大阪・大正シニアから「練習の雰囲気がメッチャいいなと思って」と岩手・盛岡大付に進んだ。3度の甲子園出場機会でも活躍し、今夏は右手首に痛みを抱えながらもその影響を感じさせなかった。そんな165センチのスラッガーは、「プロでやりたい」と野心をむき出しにする。

 強敵との勝負を前に、眠れなくなるほど気持ちが高ぶってしまう。そんな「小さな巨人」がプロでフルスイングを披露する日が今から待ち遠しい。