大垣日大-天理  大垣日大戦で完封し、ガッツポーズをする天理・坂根=甲子園【写真提供=共同通信社】

2年ぶりの夏の甲子園出場となった奈良代表・天理。元プロ野球選手の中村 良二監督の甲子園初采配となった。対する岐阜代表・大垣日大は、3年ぶりの甲子園出場。名将の坂口 慶三監督の采配対決に注目が集まったこのゲーム。

試合が動いたのは2回裏の天理の攻撃。先頭打者で4番・神野 太樹(3年)が放った打球はセンターバックスクリーン右に飛び込み、まずは先制点を奪う。

天理の先発の2年生左腕・板根 佑真(2年)はキレのあるストレートと緩いカーブを交え、大垣日大に的を絞らせない投球で試合が進んでいった。

テンポよく試合は進み、4回裏。一死無塁で先ほど本塁打を放っている神野に打席が回ると、今度は高めのストレートをうまく合わせレフトスタンドへ打球を運び、2打席連続本塁打を記録。さらに城下 力也(3年)が二塁打で再びチャンスを作り、7番の森本 翔大(3年)の適時打で追加点を奪う。

反撃したい大垣日大は5回表、二死無塁から岡田 宗祐(3年)が二塁打で出塁するが、得点には結びつかない。6回にも先頭の石川 隼也(3年)が中安打でチャンスメイクするものの、後続が続かず得点することができない。

天理はその裏、宮崎 秀太(2年)が中安打、2番の杉下 海士(3年)の三塁打と3番の太田 椋(2年)の犠飛で2点を追加し、5点のリードを奪った。

じわじわと攻める天理は8回にもスクイズで追加点を奪い6点目。投げては板根が146球を投げ抜く力投で9回完封。大垣日大打線を封じ込め、0対6で天理が勝利した。