作新学院-盛岡大付  作新学院を2安打に抑え初戦を突破し、ガッツポーズする盛岡大付・平松=甲子園【写真提供:共同通信社】

 

 

 

昨夏覇者の作新学院と選抜8強の盛岡大附の一戦は、投打が噛み合った盛岡大附が2回戦進出を決めた。 先制したのは作新学院。制球を乱す盛岡大附先発・平松 竜也(3年)から暴投で1点を奪う。しかし、作新学院先発・大関 秀太郎(3年)もピリッとしない。2回、9番臼井春貴(3年)がタイムリーを浴び、1対1の同点に。 両投手ともに立ち上がりこそ乱れたものの、徐々に本来のピッチングを取り戻す。

作新学院・大関は打たせて取る投球で翻弄すれば、盛岡大附・平松は力のある真っ直ぐとキレの良いスライダーでねじ伏せる。5回には、作新学院打線から三者連続三振を奪い、流れを引き寄せる好投をみせる。

そんな中、試合の均衡を破ったのは盛岡大附だった。5回、連打でチャンスを作ると、2番大里 昂生(3年)が勝ち越しのタイムリー。続く4番比嘉 賢伸(3年)がセンターの頭上を越える適時二塁打を放ち、さらに2点を追加。4対1と作新学院を突き放す。 反撃したい作新学院だが、立ち直った平松の前にチャンスを作れない。好投を続ける平松は5回以降、作新学院相手に、無安打投球を続ける。

作新学院は、3点を追う9回。二死から、三連続四死球で満塁のチャンスを作る。一発出れば逆転の場面だったが、ここは盛岡大附の平松が踏ん張りをみせる。最後の打者をライトフライに打ち取り、勝負あり。

盛岡大附が、前年の甲子園覇者・作新学院を破り、2回戦進出を決めた。