いよいよ始まる「第99回全国高校野球選手権大会」。大会1回戦(一部2回戦含む)の試合ごとに注目選手と見どころを、おなじみのアマチュア野球ウオッチャー西尾さんが解説!翌日の試合の予習をして注目選手のプレーを見逃すな!

安定感光る小柄な二年生左腕増居翔太(彦根東)大型右腕水谷翼(津田学園)大会第1日

彦根東(滋賀)vs 波佐見(長崎)
済美(愛媛)vs 東筑(福岡)
藤枝明誠(静岡)vs 津田学園(三重)

彦根東(滋賀)vs 波佐見(長崎)

開幕カードのカギを握りそうなのが彦根東の主戦、増居翔太のピッチング。小柄な二年生サウスポーだがその安定感は抜群。数々の強豪を相手の見事な投球を見せている。波佐見は5試合で14安打、5盗塁のリードオフマン村川大介の出塁からチャンスを作りたい。

▼増居翔太 投手(彦根東)のピッチング

済美(愛媛)vs 東筑(福岡)

済美はエースで4番の八塚凌二が大黒柱。特に目立つのがバッティングで腰のすわった力強いスイングでパンチ力は申し分ない。1番の渡辺大誠も広角に打ち分ける打撃が光る。東筑は福岡大会を一人で投げ抜いた二年生エース石田旭昇を中心にロースコアの展開に持ち込みたい。

藤枝明誠(静岡)vs 津田学園(三重)

東海対決となった第三試合は変則サイドスローの久保田蒼布(藤枝明誠)とオーソドックスな大型右腕水谷翼(津田学園)の対照的な両エースの投げ合いが注目ポイント。地方大会では活発だった両チームの打線を、力のある両エースがどう抑えるかが勝敗のカギとなるだろう。個々の選手なら藤枝明誠では巧打の1番バッター常盤勇汰、津田学園は大型捕手の久保田拓真にも注目だ。

▼水谷翼 投手(津田学園)のピッチング

▼久保田拓真 捕手(津田学園)の守備とバッティング

【甲子園注目選手】関連記事増居翔太 投手(彦根東) 水谷翼 投手(津田学園) 久保田拓真 捕手(津田学園)