2017年6月23-25日、静岡県下田市多々戸海岸にてJPSAジャパンプロサーフィンツアー2017 ショートボード第2戦『伊豆下田CHAMPION PRO Presented by LesPros entertainment』がファイナルデーを迎え、Men’s西優司、Women’s野中美波がともに嬉しいJPSA初優勝を手にした。

前日よりサイズアップしたコンディションの中、Women’sファイナルは野中美波、都筑有夢路、橋本恋、庵原美穂の戦いとなり、序盤それぞれが波をつかみ混戦となるが、後半戦は次世代を担う都筑有夢路と野中美波の激しい接戦となる。
「5本目で7.00ptを出せて緊張がほぐれた」と語った野中美波がバックアップで6.35ptをスコアし、都筑有夢路を逆転して嬉しいJPSA初優勝を手にした。

Men’sファイナルは西優司、大野修聖、脇田泰地、大澤伸幸で争われた。
序盤から地元の大声援を受ける大野Mar修聖が世界レベルのライディングを魅せるが、「練習した成果を全て発揮するだけだった」と語った西優司が中盤エクセレント8.75ptを叩き出しトップに躍り出ると、大野Mar修聖は逆転できる波を待つがそのまま終了。
西優司は初のJPSAファイナルで嬉しい初優勝を飾った。

JPSA第3戦は7月27日(木)~30日(日)に愛知県田原市伊良湖にて『夢屋サーフィンゲームス 田原オープン』が行われる。

【伊豆下田CHAMPION PRO Presented by LesPros entertainment Men’s Result】

1位:西優司
2位:大野修聖
3位:脇田泰地
4位:大澤伸幸


【伊豆下田CHAMPION PRO Presented by LesPros entertainment Women’s Result】

1位:野中美波
2位:都筑有夢路
3位:橋本恋
4位:庵原美穂