東京六大学野球のOBは、現役時代にどんなことを考えてプレーしていたのか。各世代のOBの方々にリレー形式で繋いでいただきながら、語って頂きます。トップバッターは20代から、高橋隼之介さんです。

名前:高橋隼之介
出身校:明治大学(日本文理高校)
卒業年度:2015年
ポジション:捕手
卒業後の進路:一般企業
現役時代の得意プレー:送球

・思い出に残っている試合は?
大学四年生秋リーグ戦の最終戦、対立教大学です。
自力優勝がなくなり、なんとしても勝ち点をとらなくてはいけない、かつ立教は勝ち点を取れば優勝という場面でした。追い詰められ、立教の大応援を迎えながらもなんとか勝ち点をとり、優勝に繋げました。明治の底力を見せられた試合でした。

・現役時代のライバルは?
ライバルは他大学の主将全員でした。チームの先頭、柱となる主将はチームの団結力を毎試合試されると思ってます。各大学の10番の重みは自身も感じていましたので、他大学の10番には誰にも負けたくないと思ってました。

・現役時代に残っている後悔は?
後悔…特にないです。
後悔というか、もっとグラウンドの景色、流れる応援などをより感じたかったなと思いました。当時は無我夢中でしたので…今はスタンドから観てますがやはり応援団から声援は本当に素晴らしくて、より聞き入りたかったなというのが唯一の後悔ですかね。

・母校野球部の一番の魅力
明治は粘り強さが1番の持ち味だと思います。苦しい展開も耐え、ワンチャンスをモノにするという粘り強さは歴代の先輩方が築き上げてきた伝統だと思います。象徴的だったのはとにかく試合数が多かったことです。
それだけ相手とじっくり戦えるチーム力が明治の魅力だと思います。

・現役選手へのメッセージ
六大学野球は人生を変えてくれる場所です。神宮に居る一瞬一瞬が貴重な時間です。人生の中のたった4年間しかユニホームを着れないということを感じて、伝統を継承し、新たな歴史を築き上げてほしいと思います!