壁を越えられなかった。開幕4連勝するも、そこから3カード連続で勝ち点を落とした。負の流れを断ち切れず2005年以来12年ぶりの5位。得点力不足やミスの多さだけではなく、生活面での甘さなど「野球以前の問題」と口にした選手が多くいた。秋に向けてチームの課題は山積みだ。

不完全燃焼に終わった。河野祐斗内野手(文4=鳴門)は今季も規定打席未到達となった。東大1回戦のけん制死でベンチを外されたことから生活態度を改善。気持ちを改め挑んだ早大戦では2試合で4打点をたたき出し、勝利の立役者となった。しかし、その後のスタメン出場はなし。終盤は代打や守備固めでの出場に留まった。競争激しい二塁手で、レギュラーに定着できずにいる。しかし、泣いても笑っても来季がラストシーズン。今夏で基礎から鍛え直し、来季こそ満足のいく結果を残してみせる。(この取材は6月10日に行われたものです)

--シーズンを振り返った感想をお聞かせください

まだまだできるし、もっとやらなきゃいけないって感じです。

--東大2回戦ではけん制死からベンチを外されました

自分がただ単に使えないというか、試合に出られるレベルじゃなかったから変えられただけで、それは自分のミスなので。受け止めて、次に切り替えてやったつもりです。

--そこから気持ちの変化などはありましたか

野球もそうなんですけど、野球以外の寮生活とか私生活の面をとりあえず一から見直して。廊下にゴミが落ちてたら拾うとか、掃除の時はいつもよりきれいにするとか、トイレ出る時に自分の使ってないスリッパ並べたり、そういう小さいとこでも気を配ったりするのを心がけてやってきました。練習に出る時も誰よりも早く出るというか、そういう意識付けを自分の中で変えていきました。

--早大戦では2戦で4打点の大活躍でした

悔しかったし、こんなところで終わってたら駄目だなと思って、結果にこだわってやっていきました。(投手陣の印象は)いいピッチャーばかりなんですけど、何とか。1打席目は三振したので、その打席での反省を次に生かせたというか。駄目だったところをそのまま次の打席に引きずるんじゃなくて、そこを生かすということができたから打てたんじゃないかと思います。

--法大戦からはスタメンから外されていました

監督の起用に自分たちは従うしかないので。それで出してもらえなかったのは自分の力不足だったと思います。(後半からは宮﨑新内野手(文4=履正社)が起用)相手が右ピッチャーというのもあると思うんですが、宮﨑も調子良くて。結果が全ての世界なので、結果を出したやつが試合に出たんじゃないかなと思います。(二塁手争いは)チームメートだけどライバルでもあるし、負けたくない気持ちはあるんですけど、その中でも試合になれば一人しか出れないので、決まったからにはその状況に応じてやるしかない。自分が出る時はとりあえず頑張ったり、他の人が出てたら応援したり、臨機応変にやってきたつもりです。

--今季もベンチでは選手たちに声を掛けていた姿が多く見られました

声掛けは野球やる上で一番大事だと思いますし、プレー以外でそういうところでチームに貢献していかなければいけないと思うので、それは心がけてます。(後輩にも)試合に出てる後輩には頑張ってもらいたいし、チームで勝ちたいので、それは上下関係なく声掛けてました。

--4年生として後輩に伝えていきたいことはありますか

後輩にこれをつなげていきたいって言ってもいい結果は出ないと思うので。そうじゃなくて自分たちは自分たちなりに一生懸命やればそれが後輩たちの目に映るので、見てもらえたらいいと思って。とにかくがむしゃらにやった姿を見てもらえたらいい物が引き継いでいけるんじゃないかと思って頑張ってきました。

--同学年の中野速人主将(法4=桐光学園)の姿を見ていて思うところはありましたか

中野なりに頑張ってたし、それに自分たちももっと付いていけてあげたらあいつの負担も減るだろうし。もっと同級生の自分たちの底上げが大事なのかなと思いました。サポートというよりかは中野がやりやすいように自分たちが動くだけだなと思います。

--目標としていた規定打席到達はなりませんでした

悔しさもあるんですけど、下向いてちゃいけないので、次に向かって進んでいかなければいけないという気持ちの方が強いですね。

--成長させなければいけないと思ったところは

チーム全体なんですけど、勝ちたい気持ちをもっと持っていかなければいけないかなと思いました。野球以外のところがプレーにつながると思うので、そういう面がまだまだ足りなかったから結果が出なかったんじゃないかなと思います。

--秋季リーグ戦に向けて取り組んでいる練習について教えてください

秋に向けてもう1レベルアップした体で臨みたいと思って、とりあえず今はウエートトレーニングだとか、走ったりして基礎の体力を付けている状態です。勝負強い選手になりたいので、練習試合でもリーグ戦の気持ちで常にやってます。この夏はオープン戦とかで実戦感覚を良くして、守備でもバッティングでもここぞの時に結果を残せるように頑張りたいです。

--来季は学生として最後のシーズンになります

4年間やってきて、先輩方が優勝されてて自分たちも優勝したいし、後輩にも良いものをつないでいきたい、そういうシーズンなので。とにかくがむしゃらにやっていきたいなという気持ちはあります。

--最後に来季の目標をお願いします

チームとしては何としてでも優勝したいし、良い形で学生野球を終わりたいと思うので、少しでも良い成績を残せるように今からやっていきたいです。

--ありがとうございました

◆河野祐斗 かわのゆうと 文4 鳴門高出 172cm・72kg 内野手 右投右打

[三ツ橋和希]