慶大 9 - 1 東大
勝: 増居翔太(④彦根東) 敗: 井澤駿介(④札幌南)
本塁打:慶大 廣瀬隆太(③慶應)1回 1号2ラン、山本晃大(④浦和学院)4回 1号2ラン、 東大 阿久津怜生(④宇都宮)4回 2号ソロ


慶大対東大の第2回戦。東大は勝てば慶大に対し41年ぶりの勝ち点獲得となる。

慶大は初回、1死1塁から廣瀬隆太(③慶應)がレフトへ2ランホームランを放つと、続く古川智也(④広島新庄)もタイムリーヒットを放ちいきなり3点を先制する。

その後2回にも萩尾匡也(④文徳)のタイムリーヒットが飛び出すと、4回には山本晃大(④浦和学院)が2ランホームランを放つなど4回までに7点を奪う猛攻を見せる。

慶大の先発・増居翔太(④彦根東)は序盤から東大打線を寄せ付けず。しかし4回に阿久津怜生(④宇都宮)が今季2号となるソロホームランを放ち1点を返す。

増居翔太(④彦根東)は1点を失うもその後は好投を続け、7回を投げて9奪三振、1失点の好投を見せる。

8回からは渡部淳一(④慶應)が登板し、2回を投げて無失点の好投を披露し試合終了。

9対1で慶大が勝利し、決着の行方は第3戦へと持ち越された。