勝てば優勝へと大きく前進し、敗れれば優勝の可能性がなくなる。まさに運命の決戦であった。試合は1回戦で壮絶な投手戦を演じた田中誠(コ2=大阪桐蔭)と小島(3年=浦和学院)の投げ合いで始まった。立大は6回の集中打でリードを広げると、投手陣も継投で何とか逃げ切り勝利。一気に首位へと躍り出て、今世紀初のリーグ制覇へ大きく前進した。

会心の適時二塁打を放つ熊谷

主将の一打が試合を決めた。立大は初回に笠松(コ4=大阪桐蔭)の適時打で幸先よく先制に成功。しかし、その後は安打を重ねたものの追加点を奪えず。なかなかペースをつかめないまま試合は進んでいった。1点を争うゲームが動いたのは6回表、打席には熊谷(コ4=仙台育英)。ここまで打率1割台とチームが大量得点を奪った試合でも打つことができず、不振に喘いでいた。「今までは全然打てていなかったので、なんとか次につなごうという気持ちで打ちました」。2球目の直球を叩くと打球は左中間を抜け、一塁走者が一気に生還。欲しかった追加点をようやく手にした。「気持ちでもっていきました。みんなが打たせてくれたヒットです」。苦しむ主将を支えていたのはチームメートの存在。打てない時にも声を掛け合い、それぞれを支えてきた。熊谷は仲間に向けたガッツポーズで喜びを表現した。主将が打てばチームが勢いづく。熊谷の一打をきっかけとして打線が一気に爆発した。田中誠の左前適時打や寺山(社3=神戸国際大附)の右超え適時二塁打など4連打で5-0。勝利を決定づける猛攻だった。

打者を抑えガッツポーズをする田中誠

打撃陣の爆発を導いたのはエースの力投である。「今日は完投する気持ちはなく後ろの投手に良い形でつなげることを心がけました」。田中誠は初回からエンジン全開。カーブとチェンジアップを効果的に使い、要所を締めて5回までスコアボードに0を並べた。リードが5点に広がった6回、先頭の檜村(2年=木更津総合)に一発を浴びたところで田中誠は交代。マウンドに上がったのは昨日先発を担った手塚(コ2=福島)だった。「あとは頼むぞ」。田中誠は手塚の背中をそっと叩き、ベンチへと下がった。後を託された手塚は気持ちを前面に押し出した投球を見せる。加藤(2年=早稲田実)に本塁打を浴びた以外は140㌔台の直球で押し、早大打線に付け入る隙を与えずにリードを守り切っていた。しかし9回二死に2ランホームランを浴び、2点差とされたところで降板。最後まで投げ切れない悔しさはあったが、「投手陣全体で勝ちにいく」という思いもあった。最後は代わったクローザーの中川(コ1=桐光学園)が締め、試合終了。投手陣の柱である3人のリレーで勝利をつかみ取った。

主将の一打で目覚めた打線と、粘りの投球を見せた投手陣。全てがかみ合い、優勝の行方を左右する一戦で勝利した立大。今週末の明大戦で連勝すれば、自力で優勝が決まる。「何が何でも勝ちたい」と熊谷。チームが一体となる剹力同心の力。ついにあと一歩でリーグ戦を制するところまできた。明大戦でもチーム全員の力を結集し、栄冠を手にする。

(5月16日 渡邉紘也=文)

◆コメント◆
溝口監督
「初戦で負けて2戦目もギリギリで勝ってからの3戦目だったのでなかなか厳しい戦いでしたが、よく選手も執念で勝ってくれました。こっちがいろいろしても何もできないことがあるのが野球なので1戦目はあまり引きずらないこと、とにかく2戦目に集中していこうという風に指導しました。今年のチームは一人に頼らず、言ってみればベンチにいる誰が出でも役割を果たせるチーム作りができてきていたと思います。来週は選手に特別な言葉はかけるつもりはないですし、自分たちがやってきたことに自信を持って精一杯試合をしようと思います。」
適時二塁打を放った主将・熊谷#10
「今日は嬉しいの一言です。勝ち点をとって優勝に望みをつなげられたので。適時打は今まで打てていなかったので、なんとか次に繋ごうという気持ちで打ちました。みんなが打たせてくれたヒットかなと思います。気持ちでもっていきました。慶大戦での負けがなければ今のような良いチームを作ることはできていなかったと思います。それが糧になって東大戦早大戦と勝てていけるチームになれたと思います。今週末は、何が何でも勝ちたいです。とにかく楽しむことが一番だと思うので、明大戦も、あとは楽しむのみです。」
先制点をあげた笠松#3
「昨日サヨナラ勝ちをして、なんとか3戦目まで持ってこられたということで1戦目に2安打完封っていう悔しい負け方をしているので、それを今日の試合に選手一人一人が切り替えて修正できたことが勝ちにつながったと思います。先制打は初回でもありましたし、何とか1点ほしいというか、立ち上がりに1点取れたら雰囲気も違ってくると思うので何とか食らいついてヒットを打てば1点は入るかなという思いで打席に立ちました。ヘッドスライディングは普段あまりしないタイプですが2点取られてすぐの攻撃だったので、この回で絶対取り返すぞという思いもあって、あのヘッドスライディングが出たのかなと思います。」