悔しい敗戦だ。1回戦を接戦でものにした早大は、立大との2回戦に臨んだ。3回に長谷川寛(社4=宮城・仙台育英)の本塁打で先制。しかし投手陣が踏ん張り切れない。3回にすぐに同点にされると6回まで毎回得点を許し、8回までに3点のリードを許す厳しい展開に。諦めない早大は9回に途中出場の三倉進(スポ4=愛知・東邦)の適時二塁打などで同点に追いつく。試合は完全に早大ペースになったと思われたが、その裏4番手の大竹耕太郎(スポ4=熊本・済々黌)がサヨナラ適時打を浴び万事休す。連勝での勝ち点獲得とはならず、勝負の行方は3回戦に持ち越しとなった。

打線は3回、この日8番に入った長谷川が高めの真っすぐを捉え、左翼に先制の本塁打。さらにその後一死満塁と好機をつくるが、4番・加藤雅樹(社2=東京・早実)、5番・佐藤晋甫主将(教4=広島・瀬戸内)と中軸が倒れ追加点を奪えない。先発は前回の東大2回戦で2安打完封の柳澤一輝(スポ4=広島・広陵)。この日は変化球の制球に苦しみ、甘く入ったところを痛打された。3回、先頭に二塁打を許すと、2番・髙取克宏(4年)に適時二塁打を浴び、同点に追いつかれる。4回は簡単に二死を取った後の失点。いいところなくこの回でマウンドを降りた。追いつきたい早大は5回二死満塁の場面で髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)が「勝負に出た」と代打の切り札・福岡高輝(スポ2=埼玉・川越東)を送る。しかし結果は三振。またしても好機を生かせない。

三倉の適時二塁打で一時は同点に追いついたが・・・

5回からは早川隆久(スポ1=千葉・木更津総合)がマウンドへ。しかし立大8番・藤野隼大(2年)に本塁打を浴びるなど2失点。リードを広げられてしまう。打線も6回から登板のアンダースロー右腕・中川颯(1年)の浮き上がる球に大苦戦。追加点が奪えないまま試合が進んでいく。3点ビハインドで迎えた9回、早大は先頭の代打・小野寺旭(人4=岩手・水沢)が遊撃内野安打で出塁。その後死球で無死一、二塁としたところで打席にはここまでノーヒットの4番加藤。カウント3-1からの5球目。「必ず甘い球が来る」。読み通り内寄りの真っすぐを叩いた。打球は右中間を破り二者が生還。1点差とすると、一死三塁から途中出場の三倉が今季初安打となる左越え適時二塁打を放ち同点とした。レギュラー候補とされながらもケガで出遅れていた男のガッツポーズにベンチ、スタンドが沸いた。完全に早大ペース--。誰もがそう思っていた。しかし事の幕切れはあっという間だった。その裏、この回からマウンドに上がった大竹が一死一塁から代打・大東孝輔(4年)に右越え三塁打を浴びサヨナラ負け。数分前とは一転、ナインは悔しい表情を浮かべた。

同点劇から一転。痛恨のサヨナラ打を浴びた大竹

同点に追いついただけに悔しい敗戦となった。それでも「よく追いついてくれた。次につながるいい試合ができた」と指揮官。たとえ劣勢でも諦めずに粘り強く戦えるのがことしのチームの強みでもある。まだ優勝の可能性は十分残されている。まずは3回戦できっちりと勝ち点を取り、早慶戦、そして3季ぶりの優勝へ向けいい弾みをつけたいところだ。

(記事 田原遼、写真 大浦帆乃佳、廣田妃蘭)