勝ち点獲得を目指して行われた3回戦。主砲・中山の2ランをなどで幸先良く6点を先制する。その後慶大の4番岩見の2本の本塁打などで2点差に迫られるも、主将森のダメ押し打で勝負あり。投手陣も長谷川、内沢、熊谷の継投で逃げ切り、勝ち点を獲得した。

 

戦評

世間ではゴールデンウィークが終わったが法大の戦いはまだ終わらない。勝ち点をかけて行われた慶大3回戦。先発は慶大1回戦で3回4失点と悔しさを味わったサブマリン・長谷川裕也(経4)だ。リベンジなるか。

初回の攻撃を3人で終えると、その裏長谷川も3者凡退と上々の立ち上がりを見せる。前回登板では初回に3失点を喫したものの、今日は無失点と好スタートを切った。 

その流れに乗って打線が火を吹き始める。先頭の中山翔太(人3)が左前安打で出塁すると、5番福田光輝(人2)も右前安打で繋ぐ。スタート切っていた中山は楽々三塁に進み、無死一、三塁と好機を演出。すると打席には不調に苦しむ川口凌(人3)。3球目を思い切りスイング。引っ張った打球は綺麗な放物線を描き、そのままフェンスに直撃する先制の適時二塁打となった。その後犠打でランナーを進め、舩曳海(キャ2)が初球を狙い撃ち。右前適時打となり、追加点を挙げた。

しかし、その裏長谷川がピンチを招く。四死球と安打で2死満塁に。慶大も先発の関根智輝に代打を送る。打席には代打の切り札・植田清太。なんとしてもリードを守りたいこの場面。1ボール2ストライクからの5球目に渾身のストレートを投じると、打球は右翼へ。大西千洋(営3)がしっかりこれを捕球し、無失点で終えた。

3回表、主将の森龍馬(キャ4)が安打で出塁すると、4番中山が初球を完璧に捉える。打球はあっという間に左翼スタンドへ。ベンチもガッツポーズで中山を迎え、早大2回戦以来、約1カ月ぶりの本塁打に歓喜した。勢いに乗る法大打線は2死三塁の好機に7番鎌倉航(法3)。4球ファールの後の5球目を打つも遊ゴロ。しかし、バウンドが変わると遊撃手照屋塁が捕球できずに、打球は中堅へ。ラッキーな形の適時打となりリードを6点に広げた。

順調な試合展開となったのも束の間、法大に予期せぬアクシデントが。無死2塁の場面で送りバントの構えをする大西千。相手投手・佐藤宏樹が投じた球は頭部を襲う。地面に倒れこむ大西千。心配そうに見守るベンチ。ネクストバッターズサークル付近で中山は佐藤を睨みつけた。しかし担架で運ばれ、無念の途中交代となった。その後のチャンスは無得点に終わったもの、大西千の気迫は長谷川の闘志に火をつける。

インコースへのシュート、緩急をつけた投球で慶大打線を手玉にとる。5回まで無失点と先発の役割を十二分に果たす。6回に相手主砲・岩見雅紀にソロを浴びるものの、5点リードのまま7回へ。3番柳町達の犠飛で1点を返されると、打席には岩見。フルカウントからの7球目。見事に捉えられる。快音を残したまま、打球はスタンドへ消えていった。点差は2点差となってしまった。

何としても追加点を奪いたい8回の攻撃。舩曳の安打などで1死二、三塁とすると、青木久典監督が動く。代打は昨日同点打を放った小林満平(法3)。今日もその打棒を発揮することが期待されたが、結果空三振で2死に。打席にはここまで2安打の森。「後輩が打ち取られたので、なんとかするしかない」と打席に入る。1ボール2ストライクと追い込まれての4球目。綺麗に流し打ち。打球は右前へ。この打球で2人の走者が生還し、ダメ押し点を奪うことに成功した。森はこの適時打を「大西千が体を張ってくれたので打てて良かった」と振り返った。

8回は内沢航大(キャ2)が3人で終える。最終回は走者を一人出したところで熊谷拓也(キャ4)にスイッチ。代打・明渡稜を併殺と、1球で2つのアウトを奪うと、最後の打者を二ゴロに打ちとりゲームセット。勝ち点獲得となった。

まさに法政野球。そんな試合展開だった。誰もが待ち望んだ、強い法政の復活へ。まだまだ王者と呼ぶには早いかもしれない。しかし、この3連戦で彼らは最高のプレーを見せてくれた。打撃面、走塁面、守備面。どれをとっても前半とは比べものにならないほど進化した。まさに目の色を変えて練習、プレーに取り組んだ成果が発揮されたのだろう。全ての選手が自分の役割を認識し、それを果たした時、真の意味で王者となれるだろう。チーム状態は確実に良くなってきている。それでもさらなる高みへ、法大なら当然であろう。王者復活への第一歩、まさにこの言葉が今カードを象徴する。「PRIDE」を持って優勝へ。もう二度と敗戦は見たくない。名実ともに最高の主将となった森を中心に、法大の黄金期はもうそこまで迫っているのかもしれない。(石川大悟=文)

クローズアップ

舩曳海 (どれも得点に絡むマルチ安打 抜群の勝負強さを誇る若手のホープ)

慶大屈指のスラッガーである岩見に2本の本塁打を打たれ2点差に詰め寄られた8回。勝負の場面に強い男・舩曳海(キャ2)が先頭の打席に立つ。舩曳はこの日、少しでも多く点を取っておきたかった2回にも適時打を打ち、流れを法大に引き寄せていた。

「出塁して1点でも追加点が欲しい」。4回から7回まで相手投手・菊地恭志郎の好投により、追加点を挙げられていなかったチームにとって、追い上げられたこの回は勝負。舩曳が出れば上位打線に確実に繋げられ得点が期待できる状況にあったことから、何としてでも出塁したい場面だった。

 そんな重要な場面でも舩曳は焦っていなかった。岩見の本塁打を打たれたといってもまだ2点差ある。気負わずに打席に立った。相手の高橋佑樹は、先発も任される慶大の主力左腕。そんな高橋の投じた初球をファールとした後の2球目。しっかり捉え中前安打とした。

その後、原田寛樹(法3)も四球で出塁し2死二・三塁とした後、3番の主将森龍馬(キャ4)の右前適時打により、舩曳も生還し狙っていた追加点を挙げることに成功。これが法大にとってダメ押しの2点となった。

試合後「龍馬さんの打ったあのヒットは今日の勝因」と振り返った舩曳。しかし、このきっかけを作ったのは舩曳である。また、今日こそバッターとして目立ったが守備も外野の中でもトップレベル。どんなときでも気負いすぎず、バッターボックスに立つ勝負強いこの男の活躍が東大戦でも鍵となってくるだろう。「まだ優勝する可能性は0ではない」と語る背番号29からこれからも目が離せない。(中西陽香=文)

舩曳海

監督・選手コメント

青木久典 監督

ー勝ち点を取ることが出来ました
ファンの皆様方の念願の勝ち点を取れて本当に良かったです

ー先発の長谷川選手の投球について
一昨日は良くなかったので、しっかり意地をみせてくれたと思います。

ー今日は序盤に大量リードすることが出来ました
それはやっぱり大きかったと思います。

ー舩曳選手はマルチ安打の活躍でした 
まずは先制のときに初球から打っていったことが、良かったですね。8回の安打も重苦しい場面だったので、出てくれたのが大きかったです。

ー舩曳選手の動じない性格が好調の要因でしょうか
感じられているとは思いますけど、例えば最初は全くダメでも、いきなり打ったりするところが彼らしいというか、よく打ってくれたと思います。

ー4番の中山選手にも待望の一発が出ました  
ちょっと昨日はビデオを見て、彼にちょっとアドバイスしたのでね。よく打ってくれたと思います。

ー本人は岩見選手越えを宣言していました 
充分なり得る打者でありますし、ぜひそういう気持ちを絶えず持ってやってもらいたいですね。

ーダメ押し打を決めたのは主将の一撃でした
あそこはさすがキャプテンですよ。よく打ってくれましたね。彼の野球に対する姿勢が、ああいったところに繋がってくるのではないでしょうか。

ー次の東大戦には天敵の宮台(康平)選手が登場します
いい投手には変わりないですし、現在の状態などは関係なくしっかり宮台君を攻略出来るように、準備していきたいと思います。

ー最終カードに向けて意気込みをお願いします 
次に繋げる為にもしっかりと連勝して勝ち点を取りたいと思います。

森龍馬 主将 (ダメ押しの適時打を放つなどリーグ戦初の猛打賞を記録)

ー今日の試合を振りかえって
序盤にしっかり得点できて、長谷川が序盤しっかり抑えてくれました。

ーリーグ戦初の猛打賞でしたが
集中しようということしか頭になかったです。攻めの気持ちが結果に繋がっているのかなと思います。

ー打撃好調の要因は
リーグ戦中にもしっかりと振り切っていることですかね。

ー8回のチャンスの場面でどのような気持ちで打席に向かいましたか
満平が打ち取られて、後輩の後だったのでなんとかしないといけないなとい気持ちと、千洋(大西)が体を張って頑張ってくれていたので、そのためにもここで1本出すぞという強い気持ちも持って打席に立ちました。

ー打った時の気持ちを 
打った瞬間ヒットだと分かったので、とりあえず1点は取れたかなと思ったんですけど、二塁ランナーがしっかり生還してくれたので良かったと思います。

ー今日の打線については
中盤なかなか得点できなかったので、そこが課題かなと思います。

ー勝ち点獲得となりましたが
連敗してから、どんな状況でも前を向いて戦うことを掲げているので、それが良い結果に繋がっているかなと思います。

ー優勝の可能性もありますが
自分たちが勝たなくてはいけないし、そうなったら儲け物だと思うので、まずは東大戦2連勝したいです。

ー東大戦に向けての意気込みを
1週空くのでしっかり反省するところは反省して、練習をしっかりして万全な状態で臨みたいです。

川口凌 内野手 (先制の適時打がそのまま決勝点に)

ー今日の試合を振り返って
早いうちに先制したいなと思っていたので、それができて良かったです。

ー投打がかみ合った試合となりました
バッティングもそうですけど、エラーが出ていなくてミスしない野球をやれているということがいいことかなと思います。

ー2回には先制打を放ちました
先制するには絶好の場面だったので迷わないでしっかりしたスイングをしようと思って打席には入りました。

ー開幕からなかなか打率が上がらず、苦しい期間が続いていたと思います
序盤も自分の中ではいいバッティングしているつもりだったんですけど、正面にいったりしてしまって。なので特に気にしないで打席に立つということを意識しました。

ー大西千選手の負傷がありましたが
仲間がやられているので、こっちもやるくらいの気持ちでいかないといけないなと思っていました。

ー東大戦に向けての意気込みを 
僕たちはもう勝つしかないので、どうすれば勝てるかということだけを考えてやっていきたいと思います。

中山翔太 外野手 (2ランを含む2安打2打点の活躍)

ー今日の試合を振り返って
序盤に大量得点できて、終盤にもキャプテンが打ってくれて良かったと思います。

ー本塁打を放ちましたが  
そんなに良くはなかったですけど、角度が良かったのでいったとは思いました。打てて良かったです。

ー久々の一発となりましたが
嬉しいですけど、まだ2本じゃ物足りないです。あと1週間空くので、気を引き締めたいと思います。

ー岩見選手の本塁打をみていかがでしたか
さすがですね。最後の年なんで気合が入っていると思います。

ー目標となる選手だと思います  
もっと上を目指しているので(笑)。

ー最後に東大戦への意気込みをお願いします
序盤から飛ばしていって、圧倒したいと思います。

福田光輝 内野手 (リーグ戦初の猛打賞の活躍)

 ー今日の試合振り返って
昨日勝って、2戦目だったのでもう今日は決めようという思いでいきました。

ー昨日の1安打から今日は猛打賞となりましたが
昨日から当たりもそんな悪くなかったので、今日は切り替えて思い切っていこうと思って、それが良い結果に繋がったので良かったです。

ー2回、フルカウントから右前安打でした 
ランナーも中山さんで自分の場合ゲッツーもあると思ったのですが、監督が打たせてくれたので、思い切ってというよりとりあえず一、二塁間抜いていこうと思って。そこでうまく抜けたので良かったなと思います。

ー3回中山選手の本塁打から二塁打を放ちましたが 
本塁打の後で向こうも落ちてると思ったので、初球絶対振ろうと思って決めていきました。

ー狙って打ったということですか
初球ストライクゾーンだったらいこうと思っていました。

ー9回にも左中間に安打を放ちましたが
あの回は1点欲しい、1点取ればという感じだったのでとにかく自分は先頭バッターで、塁に出ようとというよりは、思い切って自分のバッティングをしようと思っていました。

ー今日は大西千選手への死球がありましたがチームの雰囲気は
あのデッドボールがあって、自分達も落ちた部分があったのですが、それがあったからとかじゃなくて今日は負けられなかったので勝てて良かったです。

ー福田選手の活躍もあり、チームは勝ち点を奪取しました
自分は今日打てたし、守れたのですが、4年生やベンチにいるメンバーが結構声を掛けてくれて打てたので、本当に4年生にはいい思いさせてもらっているなというか、有難いなと思っています。

ー東大戦に向けての意気込みをお願いします
1週空くので、1回フラットにしてしっかり東大戦に向けて準備したいなと思っています。

舩曳海 (2安打1打点の活躍)

 -今日の試合を振り返って
序盤で6点とっても、どっかで絶対ピンチがくるなと思ってたので。実際ピンチきた回で6対4になって、その次の先頭バッターだったので、出塁して1点でも追加点を欲しいなというところで、1本打てたので良かったなと思います。

-明大戦に続いて慶大戦でも勝ち点をとれました  
めっちゃ嬉しいです!

-このカードは舩曳選手の好守備が光った印象があります
慶應戦の1試合目に、ファインプレーと言えるかは分からないですけどいいところでいい守備がでてよかったと思うし、バッティングの面でもいい場面で打ててる場面もあったので、それは良かったかなと思います。

-今日は2回に打点をあげました
 そうですね。ランナー三塁だったと思いますけど、初球を振り抜こうと思って、初球のまっすぐをしっかり打ち返せたので、それはよかったかなと思います。

-4回は大西千選手が死球を受けました
千洋さんにデッドボールが当たって、これは負けて1試合したら戦力は落ちると思ったので。このまま絶対勝つ気持ちでした。もし東大戦までに間に合うのであれば間に合わせて、今の出せる戦力全てでいけるようにしたいなと思います。

-岩見選手に本塁打を2本打たれたときの心境はどのようなものでしたか
点差はあったので、マイナス思考というよりは"オッケーオッケー"くらいの気持ちで僕はいけていたので。点とられた後の先頭もいい感じでいけたんじゃないかなと思います。

-チームとしてはどのような雰囲気でしたか
4回以降に追加点がなかったので、何とか追加点を1点でもいいからというのは皆で言っていて。そこで点とられた後に点が入ったのが一番大きかったんじゃないかなと。そのまま点が入っていなかったら多分ずるずるいっていて、延長戦とかになっていたかもしれないので。龍馬(森)さんの打ったあのヒットは今日の勝因というか、あれでもう勝ったなという感じだったと思います。

-舩曳選手は高打率というわけではないですが、勝負強い印象です
自分的には毎打席ヒットを打ちたいんですけど、そんなことは多分できないと思うので。点が入りそうな時とかランナーが三塁にいるときは、本当に何としてでも点を取りに行く気持ちで。ノーアウトとかワンナウトだったら外野フライでも点が入りますし。それくらいの気持ちで打席に立ててるというか。熱心にというか、"絶対に打ったるぞ!!"という気持ちはあるんですけど、そんな何か…んー…。

-気負ってないという感じですか
 はい、そうですね。そんな感じです(笑)。

-今までのリーグを振り返ってみて
初戦の早稲田と立教落として、明治と慶應とりましたけど、まだ優勝する可能性は0ではないと思うので、プラス思考に、あと全勝できるようにやっていきたいなと思います。

-東大戦は1週空きますがどのように調整して戦っていきたいですか
1日1日を大切に、今自分ができることというのを、1日1日やっていきたいなと思います。

-最後に東大戦への意気込みをお願いします
東大戦も2連勝します。