2年連続の出場を狙った東京学館新潟は新潟県予選決勝で新発田中央と対戦し、ストレートで勝利。14回目の春高へ駒を進めた。

決勝戦の第3セットは中盤まで追いかける展開だったが、要所で勝負強さが光った。エースでキャプテンのアウトサイドヒッター木下柊人はキレ良し、高さ良しのスパイカーで安定感抜群。サーブ・スパイクともに硬軟自在に打ち分けた。全国大会でも、木下を中心とした組織的なコンビバレーで相手ディフェンスを崩し、得点を積み上げる。

目標はベスト8。夢のオレンジコートで、多くの方々への感謝を伝える勝利を誓っている。

 

東京学館新潟の春高予選優勝の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!