川崎橘は春高出場権をかけた神奈川県予選準決勝で山北と対戦。終始先行する貫禄の戦いぶりを見せてストレートでこの試合を制し、2年ぶり19回目の春高進出を決めた。

選手それぞれの高さ・スピード・パワーを存分に生かしたコンビバレーを強みとしており、県予選でも存分に力を発揮した。キャプテンを務めるアウトサイドヒッター・山田凜玖は1年次からレギュラーとして活躍する経験豊富な選手で、守備力・機動力もチーム随一。チームとしてもレシーブから切り返しの速い攻撃を得意としており、相手のリズムを崩していく。

昨年はあと1勝及ばなかった春高の舞台。2年分の思いを試合にぶつけ、挑戦者として全国の猛者に立ち向かう。

 

川崎橘の春高出場決定の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!