東海大付札幌は春高出場権をかけた北海道予選準決勝で北海道科学大高と対戦。ストレートで勝利し、3年ぶり47回目の春高進出を決めた。

オーソドックスなオープンバレーを軸に、速攻を取り入れた戦い方が今年の特徴。193㎝のチーム最長身、2年生アウトサイドヒッター・山田祐輝がオフェンスの中心的存在で、自分で拾って自分で決めることができる万能アタッカーに注目だ。

過去3度の優勝を誇る名門校だが、3年ぶりの出場で全員が初の東京体育館。山を着実に駆け上がり、センターコート、日本一を目指す。

 

東海大付札幌の春高出場決定の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!