松山工は、愛媛県予選決勝で三島と対戦。ストレート勝利を収め、2年連続27回目の春高へ駒を進めた。

経験豊富な3年生が中心の層の厚いチーム。平均身長184cmと全国トップクラスの高さを誇る。攻撃の軸は、アウトサイドヒッター・白川玲。力強いスパイクを放つ絶対的エースだ。その対角に位置する田窪翔琉は腕の長さ、そして打点の高さを武器に二枚看板の一角を担う。

モットーは『非常識であれ』。爆発的な攻撃で並みいる強豪を圧倒する。

 

松山工の春高予選優勝の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!