松江工は島根県予選決勝で安来と対戦。フルセットまでもつれ込むも勝利を収め、7年ぶり20回目となる春高出場を決めた。

安定したサーブレシーブから全員で打ちまくる、力のあるアタッカーが揃った攻撃力の高いチーム。2年生ながらその中心を担うのが岸田颯太だ。高さとパワーのあるアタックで得点を重ね、流れを呼び込む。

夏のインターハイでは予選敗退に終わり、全国の壁を痛感した。春高でリベンジをーー。雪辱に燃える選手たちが一戦必勝で勝ち上がる。

 

松江工の春高予選優勝の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!