福井県大会決勝で北陸と対戦した福井工大福井はセットカウント3-1で勝利し、2年ぶり7回目となる春高出場を決めた。

決勝では多彩な攻撃で相手を翻弄。粘り強いレシーブで拾ったボールを各選手が力強いスパイクで決め、層の厚さを見せた。中でもミドルブロッカー・木原未稀の打点が高いスパイクは決定力抜群。得点すればチームが大きく盛り上がる、福井工大福井の中心的存在だ。

昨年は決勝で敗れて春高の舞台には届かなかったが、リベンジを果たし出場権を獲得。センターコートを目指し、一戦必勝で戦う。

 

福井工大福井の春高予選優勝の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!