長岡商は新潟県予選会の決勝で新潟中央と対決。フルセットの末に勝利をおさめ、4年連続10回目となる全国大会出場を決めた。

エース・水落彩花がケガの影響でリザーブに回るアクシデントはあったが、スタメン入りを果たしたキャプテン・穂苅美桜と下級生が全国へ導いた。
今回の春高からレギュラーに入った2年生のミドルブロッカー・吉川すなほはエースの穴を埋める活躍をみせる。177cmとチーム1の高身長から繰り出されるアタックとブロックで相手をねじ伏せた。

全国大会からは水落も復帰。”完全体”で挑む全国の舞台で真価を発揮する。

長岡商の春高予選優勝の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!