一関修紅は岩手県予選決勝で不来方と対決。フルセットまでもつれ込む激戦を制し、3年ぶり13回目となる春高出場を決めた。

3年生エース・細川渉夢は最高到達点3m29cm。高さのあるスパイクと時間差攻撃が魅力だ。全日本中学生選抜に選ばれた経験を持つ2年生セッター・石川愛礼を中心とするコンビバレーで、多彩な攻撃を見せる。

目指すは全国ベスト8。県大会で新人戦、高総体、春高と県大会三冠を果たした勢いそのままに、紅のユニフォームが躍動する。

一関修紅の春高予選優勝の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!