鳥取県大会決勝で岩美と対戦した米子北斗は競り合いの末3−1で勝利し、5年ぶり4回目となる春高出場を決めた。

決勝戦ではチームの持ち味である高さを生かしたブロックとコンビバレーを遺憾無く発揮。要所要所でブロックポイントが決まり、流れを大きく引き寄せた。
ゲームキャプテンを務めるミドルブロッカー・田中亜弓海がチームの中心となり、攻守両面で米子北斗のバレーを牽引している。

前回出場からギリギリのところで届かなかった春高の舞台。5年ぶりの出場で全員が初の東京体育館となる今春、全国の猛者に立ち向かい2勝以上を目指す。

 

米子北斗の春高予選優勝の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!