埼玉栄は埼玉大会決勝で昌平を3-1で下し、2年ぶりに春高への切符を掴んだ。

特徴は全員で守り、全員で攻める全員バレーだ。チームの中心の1人、高橋優太が序盤から豪快なスパイクを相手コートに叩き込むと、続け様に1年次から頭角を現している工藤築と島津玲良も積極的な攻撃参加で得点を奪っていった。
試合後、伊藤監督は「春高までにレシーブを強化したい」と語り、本戦ではより安定した守備が期待できる。

オレンジのユニフォームを身にまとい、オレンジコートで栄魂を見せつけられるか。チーム一丸となって躍進する。

 

埼玉栄の春高予選優勝の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!