佐賀清風は佐賀県大会決勝で佐賀学園と対戦。第1セットこそ先取されたが、その後は粘り強く戦い抜き、3連続でセットを奪って逆転勝利。2年連続14回目となる春高出場を決めた。

粘り強いディフェンスからのコンビバレーが得点パターンで、チームトップクラスの長身を誇る3年生ミドルブロッカー・櫻木香鈴が攻守の要だ。また元気で明るいチームカラーで、雰囲気の良さも佐賀清風の大きな持ち味となっている。

前回大会は3回戦敗退。今夏のインターハイも決勝トーナメント2回戦敗退で涙をのんだ。全国舞台で有終の美を飾れるか、目標は昨春を超えるベスト8進出だ。

 

佐賀清和の春高予選優勝の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!