2年ぶり33回目の出場を目指した熊本信愛女学院は、熊本県大会決勝で熊本商をストレートで破って全国への切符を掴んだ。

粘り強いレシーブから、切り返しの速い攻撃が持ち味。加えて、今年のチームは高さがあり、相手に圧力をかけることができる。スタメンには下級生が多く並ぶチームで、攻守の要の1年生オポジット・二宮美月、高さを生かしたプレーとサーブが武器のミドルブロッカー・原嶋睦夢が勝負の鍵を握る。

全国の猛者たちを相手に、若さ溢れるチームで真っ向勝負。目標とする全国の頂点へ向けて、一戦必勝で戦い抜く。

 

熊本信愛女学院の春高予選優勝の瞬間はこちら!
都道府県大会の見逃し動画はこちら!