◆Vリーグ男子 ▽ FC東京 vs. 堺ブレイザーズ 2021年12月5日
駒沢オリンピック公園総合運動場体育館(東京都・世田谷区)

堺ブレイザーズがFC東京にセットカウント3-1で勝利し、同一カード2連戦は1勝1敗で星を分けた。

試合開始直後から激しく競り合う展開となったが、バーノンを中心に得点した堺が中盤に抜け出し、最後は樋口が決めて第1セットを収めた。
流れに乗った堺は大きいリードを保って第2セットも奪うが、第3セットは一進一退の攻防となった。武藤と黒田、フレッシュな選手を起用したFC東京が先行するが、堺が逆転。しかしFC東京が終盤に追いつき、クヴァーレンのスパイクでセットを取り返した。
第4セットはバーノンのサーブがFC東京の守備をかき乱し、堺が主導権を握る。FC東京は前セットの流れを生かせず、敗れた。

土曜日のリベンジを果たし、今季11勝3敗とした堺。この成績を自信に、1月からも優勝争いを熱くさせる。

【スコア詳細】
FC東京 1-3 堺ブレイザーズ
第1セット(23-25)、第2セット(15-25)、第3セット(26-24)、第4セット(19-25)