ロサンゼルス・レイカーズの両輪を担うレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビス。昨シーズンは両者ともケガに苦しみ、レギュラーシーズン7位でなんとかプレーオフに進出するもフェニックス・サンズに苦杯を喫し1回戦で姿を消した。今シーズンは新加入のラッセル・ウエストブルックと『BIG3』を結成し、NBA制覇を狙う。

 そんなレブロンとデイビスだが、今Netflixで話題のあのドラマにハマっているようだ。

 13日(現地時間12日)のプレシーズンマッチ対ウォリアーズ戦に出場すると、試合後会見終了後、レブロンはデイビスと『イカゲーム』について談笑を始めた。

『イカゲーム』は今年Netflixで公開された韓国ドラマ。招待状が届いた貧乏な参加者たちが、巨額の賞金を目指して命懸けのサバイバルゲームに挑む、という内容となっている。先日Netflixのランキングで1位を記録し、世界中でブームを巻き起こしている。

 わずか30秒足らずだったが、会見場にやってきたデイビスがドラマの話題を出すとレブロンも反応。ドラマの感想を熱く語りあった。レブロンは「あのエンディングはあまり好きじゃない」と『イカゲーム』のラストがお気に召さなかったようだ。

【動画】ドラマの感想を話すレブロンとAD(ドラマのネタバレ注意)