6月7日、東京2020オリンピックの女子ホッケーに出場する日本代表さくらジャパンのメンバーが発表された。(16選手とスタンドバイプレイヤー3選手の計19選手)
 さくらジャパンの五輪出場は2004年のアテネ五輪以来の5大会連続。五輪延期により、アンソニー・ファリー氏がヘッドコーチを退任し、2020年12月にスペイン人のチャビ・アルナウ氏が新ヘッドコーチに就任。ボールのキープ率を高めて試合を支配し、優位に展開する「ポゼッションホッケー」で悲願のメダル獲得を目指す。熾烈なメンバー争いを制した選手を全5回に分けて紹介する。

第3回紹介選手(4名)

・永井葉月
・錦織えみ
・瀬川真帆
・森花音

第1回はこちら

永井 葉月(ナガイ ハヅキ)

年齢:26
生年月日:1994/8/15
出身校:各務原スポーツ少年団/中央中学校/岐阜県立岐阜各務野高校
出身地:岐阜県、身長:152、体重:53
ポジション:MF
チーム:ソニーHC BRAVIA Ladies
日本代表キャップ数:173
背番号:10
キャッチコピー:好機を作るさくらの元気印

選手紹介:生粋のホッケー一家で、父の祐司さんはソニーHC BRAVIA Ladiesの現監督で母の理重子さんも元ホッケー日本代表。姉の友理、弟の祐真の3きょうだいでオリンピックに出場する。経験も豊富でさくらジャパンの要。巧みなパスワークで勝利を導くプレーに期待。

ドリブルで中国選手を交わす永井葉月 写真=金子周平 力強いヒットが武器の永井葉月 写真=金子周平

錦織 えみ(ニシコリ エミ)

年齢:28
生年月日:1993/1/9
出身校:みなりスポーツ少年団/仁多中学校/横田高校
出身地:島根県、身長:160、体重:54
ポジション:DF
チーム:コカ・コーラレッドスパークス
日本代表キャップ数:73
背番号:6
キャッチコピー:ミス安定感

選手紹介:身体を張った守備と先を読むプレーでチームへの貢献度大。趣味はドライブ。

献身的なディフェンスが持ち味の錦織えみ 写真=金子周平

瀬川 真帆(セガワ マホ)

年齢:25
生年月日:1996/6/23
出身校:川口スポーツ少年団/川口中学校/岩手県立沼宮内高校
出身地:岩手県、身長:161、体重:53
ポジション:MF
チーム:東京ヴェルディホッケーチーム
日本代表キャップ数:46
背番号:14
キャッチコピー:岩手が生んだスキルフルMF

選手紹介:ドリブルやパスのスキルの高さはもちろん、ここぞという場面での得点力もあわせ持つMF。自粛期間中は読書をすることが多かったそうで、足のサイズが小さく22センチ。

瀬川真帆の意表を突くプレーに期待 写真=公益社団法人日本ホッケー協会

森 花音(モリ カノン)

年齢:25
生年月日:1996/5/1
出身校:春照スポーツ少年団(春照小学校)/伊吹山中学校/伊吹高校/天理大学
出身地:滋賀県、身長:158、体重:55
ポジション:FW
チーム:コカ・コーラレッドスパークス
日本代表キャップ数:28
背番号:19
キャッチコピー:モリキャノン

選手紹介:ゴール前での落ち着いたプレーとボールへの執着心に注目。2020年高円宮牌ホッケー日本リーグでは女子得点王に選ばれるなど活躍中。

韓国からゴールを奪い笑顔の森花音 写真=金子周平 天理大学時は主将を務めチームを引っ張った森花音 写真=金子周平