5月16日、東京六大学野球春季リーグの第6週2日目が行われ、第2試合では明大が4対3と接戦を制し、早大に勝利した。

2ランを含む3打点の活躍を見せた陶山

 明大は3回、連打で無死一、三塁のチャンスに村松開人(3年・静岡)がタイムリーを放って先制する。その後1対2と勝ち越しを許した直後の5回、無死一塁から陶山勇軌(4年・常総学院)のリーグ戦初本塁打となる2ランで逆転に成功。7回には1死三塁から陶山が、今度は犠牲フライで追加点を挙げた。

 田中武宏監督が「投手も繋いでいくプランだった」という通り、先発した西城愁太(4年・東北学院)が3回1安打1失点、髙橋聖人(4年・小諸商)が1回1失点で繋ぎ、3番手の渡部翔太郎(3年・千葉黎明)が4回1安打無失点の好投を見せ、最後は竹田祐(4年・履正社)が1点差に迫られたが逃げ切った。気合の入ったピッチングを見せた渡部翔太郎は嬉しいリーグ戦初勝利を挙げた。

明大・渡部翔は好救援で初勝利

 早大は1点を先制された直後の3回裏、すぐさま鈴木萌斗(4年・作新学院)のタイムリーで同点とし、続く4回には岩本久重(4年・大阪桐蔭)のタイムリー二塁打で一時逆転に成功。だがその後再びリードを奪われ、2点差の9回に2死から岩本がソロを放つも及ばず。散発4安打と明大投手陣の前に抑え込まれた。

■明治大vs早稲田大
明大 001 020 100=4
早大 001 100 001=3
【明】西城、髙橋、○渡部翔、竹田-横山
【早】●西垣、山下-岩本
本塁打:明大・陶山《5回2ラン》、早大・岩本《9回ソロ》

◎明治大・田中武宏監督
「常に先に行けたのがよかったです。投手も繋いでいこうというプランだったので、その通りになりました。首の皮一枚繋がっているので、勝つしかない」

◎明治大・陶山勇軌(4年・常総学院)
「食らいついていこうという気持ちで打席に入ったので、ホームランになったのは出来過ぎです。(優勝の可能性を残し)1試合も落とせないので、また立大戦に向けていい準備ができればと思います」

◎早稲田大・小宮山悟監督
「西垣は打たれる球は高かったですが、雨の中、辛抱強く投げていたと思います。早慶戦は食らいついていくしかない」