今シーズン途中までマルセイユで指揮を執っていたアンドレ・ビラス=ボアス氏(43)が、ラリーの世界でデビューを果たすこととなった。

これまではポルトやチェルシー、トッテナム、ゼニト、上海上港を指揮してきたビラス=ボアス氏。2019年7月からはマルセイユで指揮を執り、日本代表DF酒井宏樹やDF長友佑都を指導してきた。

しかし、今年2月に選手の移籍を巡ってクラブと衝突。臨んでいない選手を獲得されたとして、そのまま退団していた。

そのビラス=ボアス氏だが、母国ポルトガルで世界ラリー選手権(WRC)に出場することとなった。

ビラス=ボアス氏は、これまでもモータースポーツの経験があり、2018年にはダカール・ラリーでクラッシュした経験もあるとのことだ。

ビラス=ボアス氏は、WRCの3番目に位置するWRC3に出場。プライベーター(個人参加)としてシトロエンC3を運転することになるようだ。

出場するのは第4ラウンドでポルトガルで開催。5月20日から23日まで開催されることとなる。

【写真】SNSでも度々登場するシトロエンC3

この投稿をInstagramで見る

André Villas-Boas(@officialandrevillasboas)がシェアした投稿