運動通信社

Leadership

役員紹介

執行役員

若村 祐介

東京工業大学工学部卒業。株式会社電通に入社。
電通では、テレビ・営業・デジタル(メディア・クリエイティブ・マーケティング)担当を経て、ソリューションプランナーとして、クライアントの戦略立案・企画・実施運営・効果検証までをワンストップで取り組む。
電通退社後、運動通信社のビジョン「日本を世界が憧れるスポーツ大国にする」の実現のため、執行役員として参画。

「スポーツ」の力ってすごいですよね。

僕みたいに学生時代まともに部活動をやってこなかった人間でも、日本人選手の海外での活躍のニュースを目にすると嬉しくなります。
また、子供の運動会で保護者たちが大声で声援を送っているのを見ると、それが世界大会であろうと運動会であろうと、スポーツには人々を熱狂させる力がある、ということを改めて感じます。

だからこそ私は、「日本を世界が憧れるスポーツ大国にする」というスポーツブルのVISIONがすごく好きです。

私が考える「スポーツ大国」とは、オリンピックやワールドカップで勝てる国だけを指すのではなく、例えば、老若男女誰もが至る所でスポーツを通じて身体を動かし汗を流している、結果健康寿命が長い国、これも立派なスポーツ大国だと思っています。

だからこそ、運動通信社が行う事業はスポーツの競技や大会だけに限定する必要はないですし、インターネットサービスに限定する必要もないと思っています。
運動会からヘルスケアに至るまで、スポーツ・運動に関わるものは、全て運動通信社の事業領域になってきます。

まだまだやりたいこと・やれることはたくさんあると思いますし、どんどん領域を拡大していきたいと思っています。
もちろんまだまだ人も少ないベンチャーなので、1社で出来ることは限られているかもしれません。だからこそ、柔軟にどんどん他社を巻き込んでいき、「ベンチャー×大企業」「スポーツ×異業種」など、それぞれの強みを存分に活かしながら、単独では決してできないことをスピード感持って実現していきたいと思います。

この掛け算をたくさんの方々と一緒に積み重ねていくことが、結果「日本を世界が憧れるスポーツ大国にする」ことに繋がると信じています。

contact

お問い合わせ