運動通信社

Our Team

社員紹介

編成部 部長

菅原 翔太

前の会社では、何をしていましたか?これまでの経歴や経験など教えてください。

某市役所の職員として働いていました。
最初の部署では、市主催の展覧会を運営したり、文化施設の管理や指定管理者との連絡調整などを行っていました。
参議院議員通常選挙の際に、選挙管理委員会事務局との兼務となり、選挙の啓発活動や運営に携わりました。その後に支所の窓口担当に異動し、住民票や戸籍謄本等の発行、婚姻届や出生届など戸籍関連の書類の受理など、一般的に公務員で想像されるような業務を行いました。
市役所の業務は幅が広いため、部署異動は転職するような感覚でしたね。

この会社に入ったきっかけ、魅力に感じた点を教えてください。

とあるゲームの大会で準優勝をしたことがきっかけで、スポーツブルから取材を受けたのがはじまりです。
そのゲームタイトルでプロ化が決まったのですが、公務員の身分では副業にあたりプロの道は断念せざるを得ませんでしたが、取材をしていただいた社員の方から「うちで働きながらプロを目指さないか」と声をかけてもらい、転職をしました。経緯としてはめちゃくちゃですが、挑戦できる環境があるのが魅力だと思います。

現在はどんな仕事に取り組んでいますか?やりがいはどんなところで感じますか?

スポーツブルのページの編成やアクセスの分析、広告関連の設定など幅広く取り組んでいます。
ページの編成では、タイムリーな記事やトレンド、クライアント案件などのバランスを取りながら、ユーザーが求めているものを届けられるように編成することを心がけています。
地道な作業ではありますが、ユーザーの目に一番最初に触れる部分を担っているので責任感を感じながら取り組んでいます。

この仕事をする上で最も大切にしていることは何ですか?

「即興力」とでも言いましょうか。
スポーツニュースを取り扱っているため、有名選手の移籍や引退などのニュースが急に飛び込んでくることも多々あります。
そうしたニュースは鮮度が大事ですので、迅速かつ正確にそのニュースをユーザーに届けられるようにアンテナを張り続けています。
各種ライブ配信なども予期せぬトラブルが起きることもありますので、何があっても対応できるように構えています。

どんな人と一緒に働きたいですか?あるいは、どんな理念を共有したいですか?

スポーツが好き、ということに加えてスポーツを盛り上げるために実現したいことを持っている人がいいかなと思います。
目標がある人のエネルギーが「日本を世界が憧れるスポーツ大国にする」ことを加速させられると思っています。
スポーツブルで実現したい夢がある人をお待ちしています。
あとは個人的に話が合うと思うので、ドラゴンズファンだとなおよしですね(笑)。

contact

お問い合わせ