■法政大vs慶應義塾大
法大 010 000 000=1
慶大 010 000 000=1
【法】高田孝、鈴木-大柿
【慶】森田、長谷部、長谷川、木澤-福井

◎慶應義塾大・堀井哲也監督
「(2回の三重殺は)まぁ、野球ですから、いろんなことが起こる。こういうプレーもあるんだなと思った。エラーでもらったチャンスでもあったし、高田投手の出来も良かったので、同点に追い付いたことでよしとしたい。投手陣はよくつないでくれた。(最終週の早慶戦へ向けて)これまでずっと良いピッチャーと対戦してきて、今度はいよいよ早川君との対戦。投手も打者も意識するでしょうし、これ異常ない舞台だと思っています。(瀬戸西と木澤の取材後)反省しています。先ほど、早川君のことを口走りましたが、野球はチーム力。瀬戸西キャプテンと木澤投手の話を聞いて、気持ちをチェンジしました」

◎慶應義塾大・瀬戸西純(4年・慶應)
「(早慶戦へ向けて)チーム全体でどうやって早川投手を打つのかを考えて、早慶戦まで取り組んでいきたい。(早川投手は)球が走っていない時でも大崩れしない投球術を身につけている。一筋縄にはいかない。簡単には打てないと思うので、一人一人が食らい付いて、なんとか1点ずつ、しつこくやりたいと思います」

◎慶應義塾大・木澤尚文(4年・慶應)
「(3回無失点の投球に)森田が要所要所を抑えてくれて、後にも他のピッチャーが控えていたので、1イニングずつをしっかり投げるつもりで投げた。それが3イニングできた。同点の場面での登板で、ただ勝ちたいという気持ちで投げた。(早慶戦へ向けて)早慶戦の2間に勝ち切って優勝することを、この1年間、いろいろとあった中でやってきた。早川投手との投げ合いというよりも、ただ勝ちたい。その中で与えられた仕事をしっかりとしたい。あと2試合なのでしっかりと働きたい。(明日のドラフト会議は)これから何かすることはできないので、早稲田戦へ向けて準備したい

◎法政大・青木久典監督
「今日は高田と鈴木で行こうと思っていた。負けられませんし、勝ちに行ったゲーム。彼ら2人がエースですから。守りはイメージ通り。攻撃の方はいろいろと足も絡ませていったんですけど、なかなかハマらなかった。(2回の三重殺は)キャッチャーの大垣が良い状況判断をした。高田は良かった。丁寧に投げようという気持ちが伝わってきた。よく7回まで投げたと思います。ヒット数は同じですけど、5四死球をいただいていたので、もう1点は取れた。勝ち損なったかなという印象です」

◎法政大・高田孝一(4年・平塚学園)
「まずは試合をしっかり作ること。先制点を与えずにしっかりと粘ること。今日はいかに力を抜いて投げるかを意識した。スピードはいつもより出ていたなかったと思いますけど、その代わりにコースだとか高さは間違わずに投げられた。(ドラフト会議について)少なからず頭にあった。やることはこの1年間しっかりとできた。どうなるか、楽しみに待ちたいです」