2021年4月10日、東京六大学野球春季リーグが開幕。第2試合は法大が慶大に2対1で競り勝った。

一塁ベース上で吠える法大・岡田

 法大の主将でありエースの三浦銀二(4年・福岡大大濠)が、無安打1失点投球で期待に応えた。今季から就任した加藤重雄監督が「絶好調ではない中でも三振を取れたり連打を許さない投球をしてくれました」と称えたように、序盤から終盤まで丁寧にコースを突いていく投球を見せた。

また、慶大の主将・福井章吾(4年・大阪桐蔭)が「ストレートの球速以上に球の質が良く、とらえたと思った打球もファウルになりました」と振り返ったように、一つひとつの球のキレが抜群だった。

 一方で慶大先発の森田晃介(4年・慶應)も6回まで6安打を打たれながらも無失点で凌いだ。

 試合が動いたのは7回だ。慶大・堀井哲也監督が「森田が相手打線にとらえられてきていたので総合的に判断しました」と投手を小林綾(3年・松本深志)に交代。その小林から法大は安打と四球でチャンスを作り、慶大は生井惇己(3年・慶應)をマウンドへ送った。

ここで、打席には三浦と同期の岡田悠希(4年・龍谷大平安)。「(三浦は)いつもメチャクチャ練習している姿を見ているので僕らで勝利をつけてあげたい」と気合のひと振り。詰まったが、これが相手左翼手の前に落ちて2点適時打に。一塁ベース上で岡田は吠えて喜びを表現した。

 このリードに三浦は、8回こそ四球で出した走者を内野ゴロの間にかえされてしまい大記録こそ逃すが、後続を絶って見事に完投勝利。春連覇を目指す法大が、大黒柱の快挙一歩手前に迫る投球で白星発進を決めた。

「序盤からインコースを突けて相手に狙い球を絞らせない投球ができました」と振り返った法大・三浦。今秋のドラフト候補にも挙がっている

■慶應義塾大vs法政大1回戦
慶大 000000010=1
法大 00000020X=2
【慶】森田、●小林綾、生井、橋本達-福井
【法】○三浦-舟生

◎法大・加藤重雄監督
「(監督初戦で初白星)苦しい試合でしたがよく踏ん張ってくれました。三浦の好投に尽きます。粘り強く守ってくれました」

今季から就任した法大・加藤重雄監督と大島公一助監督

文・写真=高木遊